感想 カイゼン・ジャーニー

『カイゼン・ジャーニー』を読んだので次の点をメモ.

  • ハッとした定義
  • ハッとした一文
  • 読了前後で変わった私の行動

概要は次の通り.

ハッとした定義

いくつか ハッ とする定義があったので引用しつつメモ.

ふりかえりとは

ふりかえりとは.

これまで⾏ってきたことから「気づき」を得て、学び、これからどう進んでいくかを決める活動のこと

文字にすれば簡単に見えるけど, 今日より明日を良く生きるために次の一手を考えるのは難しい.
難しいけど, 必要な作業.

ファイブフィンガーとは

ファイブフィンガーとは.

個⼈個⼈が「本当はどう思っているか」を5本の指で表明するプラクティスのこと

  • 5本: とってもうまくやれている
  • 4本: うまくやれている感触あり
  • 3本: 可もなく不可もなく
  • 2本: 不安は少しある
  • 1本: 全然ダメで絶望的

チーム開発のスプリントプランニング時によさそう.

ポストモーテムとは

ポストモーテムとは.

プロジェクトの終了後、プロジェクトを振り返って⾏う「事後検証」のこと

プロジェクト終了後は消耗しているから事後検証するのは骨が折れるかも.
でも, なにかしら発見がありそう.

直近では個人的に下記で記事にした案件で事後検証を行った.
次回はもっといい動きができるはず.

ハッとした一文

ハッとした一文があったので引用しつつメモ.
章毎に紹介.

第1部 ⼀⼈から始める

「お前は何者なんだ」の問い

⾃分で答えられるようになりたい.
たきもとは何をする⼈なのかと.

ふりかえりすらできていなかったら、カイゼンの芽は⼩さくなってしまう。

カイゼンの第一歩は現状把握.
日記 or ⽇報を書こう.

個⼈のやる気とか、気配りとかではなくて、問題を防ぐ仕組みをつくらないと、同じことを繰り返してしま う

仕組み化・習慣化って⼤切.
逆に, 無駄な習慣が身に付いているとカイゼン大きな労力が必要になる.

タスクの⽬的と依頼者の期待を踏まえて、完成の定義を関係者ですり合わせておこう

基本的なことだけど⾼い確率でズレる.
顧客への提案の際は要事前検討.

⾃分の経験や思考だけだと、⾃分⾃身が限界になる。
でも、他⼈の経験や思考を活かす仕組みにすれば、⾃分の限界は越えられる。

ググっている時点で他人の思考を借りて成長しているのかもね.
情報発信してない人が大半だからオフラインでの成長機会の方が多いはず.
人間力(人としての誠実さとか)を磨いて多くの⼈と協⼒することで成⻑したい.

⼤きなタスクを⼤きなまま扱っていると、認識の違いが起きやすくなる。

個⼈レベルでも起き得る.
進捗が悪いと感じたらタスク分解する.

蔵屋敷さんは、よく僕に「どうなったら完了といえるのか?」と問いかけてくれていた。
その答えが⻑くなったり、あいまいだったりすると、考え直しを求められた。

行動前に常に意識しよう.
「どうなったら完了といえるのか?」

問題は何か?
僕はふりかえりをするようになってから、現象に⼼を奪われるのではなく、その背景や、問題が起きる原因は何かまで、掘り下げるようにしていた。

意識しないとすぐに忘れる.
⾊んな本に ボトルネックを探せ 的な事が書いてあるけどなかなか難しい.
忘れないための工夫をしよう.

⼀つのタスクをどうすれば早くDONEまで持っていけるかの観点で⼯夫を講じてみて欲しい。

これは 「どうなったら完了といえるのか?」 を意識すること自体が工夫になりそう.
どう意識するかが問題.

第2部 チームで強くなる

プロジェクトに価値をもたらさないもの、顧客に付加価値を⽣み出さない中間成果物はムダとなるのでタスク化しない。

これ大切.
todo リストが半分以下になりそう.

僕たちが今やっていることは、いつまでに、どこへたどり着かなくてはいけないのか、誰にもわからなくなっている

これを正すのがスクラムマスターの仕事.

WorkingAgreementは、メンバーの動き⽅を縛るためのものではなくて、チームの⽣産性をより⾼めるための取り決め

⼈が増えたら試そう.
これ, チームメンバが気持ちよく働くためのいいキッカケになりそう.

私たちの⽬的は、ユーザーに価値を届けること。もし届かないなら、いくらつくってもそれはムダや。

ですよね…

少なくとも、短期でやるべきことには⽇付を⼊れるべきだ。
予定は変わるかもしれないが、いったん決めておくことで⽬標ができる。
⽬標があることで⼈は邁進できる。

直近のタスクは全部〆切を設けよう.

第3部 みんなを巻き込む

計画とはその時点でわかっていることをベースにした単なるスナップショットでしかありません

だよね.
だからこそ短期間で目標と進捗を見直す必要があるんだよね.

デザイナーにもいろいろな種類がある。ビジュアルを考える⼈、コーディングをする⼈、UIを設計する⼈、そして、情報設計を⾏う⼈。
プログラマーの世界に⽐べると、分業がはっきりとしていて、すべてをやれる⼈というのは少ない。

知らなかった… けど, 思い返せばその通りかも.

⽬的は、ユーザーストーリーの対象者に価値をもたらすことです。

プログラムばかりかいているとこの点が疎かになる.
たきもとが提供したい価値とは ?

あなたは何をする⼈ですか

⾃分在り方を⾒つめ直す良い⾔葉.

本書の解説としてのあとがき

集中するべきなのは、⾃分から踏み出し、表し、巻き込むサイクルを繰り返し、学びを蓄積しようとすることです。

やはりまずは⾃分からだね.

付録

「あなたは何をしている⼈なんですか?」
「あなたの旅は何ですか?次に⽬指す先はどこですか?」
⼤切な問いを胸に、まず⾃分からスタートするのです。

⼈⽣も⼀緒だよね.
自分からスタートしよう.

読了前後で変わった行動

本書読了後にこんなことをした.

  • 読書メモをコミット先の社長にシェア
  • toggl で行動 & 時間把握
  • notion でプライベート&仕事のタスク一覧化

以下詳細.

読書メモをコミット先の社長にシェア

コミット先の社長も本書に興味があると伺っていたので, 読書メモをシェアした.
依頼されたわけではない. 自ら進んで.
喜ばれたのでシェアをして良かった.

シェアした目的はこれ.

  • アウトプットによる知識定着

このブログを書くことでも知識定着を図っている.
読了後にいい意味で行動変わっているから, いまのところ狙い通り.

toggl で行動 & 時間把握

今日は一日何もしなかったなー, を避けたい.
だから細かく時間計測することにした.

採用したアプリは toggl.

web 版, android/iOS 版, デスクトップ版がある.

まだ project, workspace, tag, client 活用方法を模索中.

何らかの行動開始・終了時にボタンをタップする癖が身に付いてきた.
たったこれだけのことだけど, 以前よりも1日にこなすタスク量が格段に増えた.
やはり現状把握 & 視覚化 って大切.

私は pc 画面右上に toggl を表示するのが好き.

toggl

notion でプライベート&仕事のタスク一覧化

年明けから Notion というツールを使い始めた.

evernote と confluence, trello を足して2乗した感じのツールだ.
私は主にカンバン機能を使っている.
1ページに複数カンバンを並べられるのが秀逸だ.
これは trello ではできない.

複数ジャンルのタスクを trello で管理する場合, 1ボード1ジャンルのような扱いになる.
1画面に表示できるボード数は1つだけなので, 他のボードを見たいときは UI 上から切り替えざるを得ない.
Notion なら1ページに複数のカンバンを並べられるからスクロールするだけでタスク全体の俯瞰が可能.

こうやってタスク一覧を俯瞰することも行動量が増えた要因かも.

まとめ

まずは自分の行動からカイゼンしよう.
今回は以上.

1985年生まれ 東京都在住 フリーランスWEBエンジニア.
30歳からWEBプログラミングを独学で習得. その後エンジニアとして某企業にコミット.
現在は週3日稼働のフリーランスエンジニアとして活躍.
学んだことを中心に web 界隈の人達に向けた情報を発信.

たきもとをフォローする
BLOG
\ share /
たきもと.com

コメント

  1. […] 感想 カイゼン・ジャーニー […]

Secured By miniOrange