laravel seederの方法: ディレクトリ構成

seederを行う前に, まずlaravelのディレクトリ構成について知っておいた方がいい.
私はここが理解できなくて長い間ハマった.

使用するコマンドは各記事で紹介するので, ここでは次の点を解説.

  • ディレクトリ構成
  • ファイル呼び出し概念

概要は次の通り.

動作環境

  • laravel 5.5.40
  • php 7.2.5

備考

  • vagrant環境にcentos7を入れて動作させている

前提条件

外部キーを持ってるから親テーブルにはデータ挿入済 を想定

今回は DB.shops というテーブルにダミーデータを挿入する例について考える.
このテーブルは外部キーとして次のカラムを持つ.

  • user_id
  • grade_id

seeder実行時には, 予め DB.users, DB.grades にデータが入っていることを前提としている.
本記事の内容だけ実行してもエラーになるので注意しよう.

もしエラーを回避したい場合は, 本記事と同じ要領で事前に DB.users, DB.grades 等にダミーデータを生成すれば良い.

本記事で解説すること

↑この図に沿ってseederに関係するディレクトリ, ファイルについて解説する.
解説したいのは図中の3点.

  1. 関係するディレクトリ
  2. 呼び出したいseederファイルを指定
  3. 利用するダミーデータの「もと」を作成・参照

以下, それぞれについて解説.

① 関係するディレクトリ

図の①について.
ここではseederで使うディレクトリについて解説.

まず, /database/ 以下のディレクトリを見てみる.

$ tree -d ./database/
./database/
├── factories
├── migrations
└── seeds

migrations は今回の解説対象外.
seedingを行う上でダミーデータを生成する際, 直接関係するのは次のディレクトリにあるファイルだ.

  • /database/
    • factories
    • seeds

各ディレクトリに置くファイルの役割は次の通り.

  • /database/factories
    • ダミーデータの「もと」をここで作る
    • ダミーデータを簡単に利用するために Faker を利用する
  • /database/seeds
    • 基本的には 「ダミーデータをいくつ挿入したいか」 だけを記述する
    • もし中間テーブルへダミーデータを突っ込みたい場合は, ここのファイルで定義する

細かいことは無視していい.
基本的にはこの2つのディレクトリがseeder実行時に関係してくることを意識する.
そして, ダミーデータ生成の責務は /database/factories が担うことだけ知っておけば良い.

② 呼び出したいseederファイルを指定

図の②について.
ここでは /database/seeds 内ファイルの相互関係について解説.

ここに置かれるファイルはコマンドで作成可能.
というか, コマンドを発行して生成した方がいい.

たとえば DB.users 用のseederファイルを生成したいなら次のようなコマンドを発行する.

$ php artisan make:seeder UsersTableSeeder

ファイル命名規則は特にないみたいだが, ↑この例のように
テーブル名TableSeeder
とcamelcaseで書くのがいいだろう.

このコマンドを発行すると, 次の場所にファイルが作成される.

  • /database/seeds/UsersTableSeeder.php

ファイルの記述方法についてはここでは触れない.

大事なのは このファイルを生成して編集するだけでは不十分だ ということ.

つまり, /database/seeds/DatabaseSeeder.php で呼び出す必要がある, ということ.
これだけ気をつけよう.

図の②で言いたいのは, 生成したseederファイルは DatabaseSeeder.php でちゃんと指定してね! ってこと.

具体的な呼び出し方は他の記事で紹介する.
今はこれだけを意識しておこう.

③ 利用するダミーデータの「もと」を作成・参照

図の③について.
ここでは次の点を淡々と解説する.

  • /database/seeds/xxxxTableSeeder.php
  • /database/factories/xxxFactory.php を参照しているよ

これは実際のテーブルや各ファイルを見た方が分かりやすいかも知れない.

ここでは次のテーブルにダミーデータを突っ込むことを想定して解説する.

  • DB.shops テーブルに
  • モデルファクトリを利用して
  • ダミーデータを突っ込む

細かいコマンドは紹介しない.
各ファイルが何を参照しているかだけ意識して欲しい.

ここでは次の順番でダミーデータの「もと」(モデルファクトリ) について紹介する.

  1. DB.shopsテーブルの構成
  2. モデルファクトリ記述内容
    • /database/factories/ShopsFactory.php
  3. seederファイル記述内容
    • /database/seeds/ShopsTableSeeder.php
      • モデルファクトリを参照しているよ
      • 何レコード追加するかだけを定義しているよ
  4. DatabaseSeeder.php で呼び出す
    • DB.shops にデータを突っ込むのはいいけど, どのファイルを参照すればいいの? をlaravelに教える

以下, 解説.

DB.shopsテーブルの構成

今回使用する DB.shops のschemaは次の通り.

show create table shops\G
*************************** 1. row ***************************
       Table: shops
Create Table: CREATE TABLE `shops` (
  `id` int(10) unsigned NOT NULL AUTO_INCREMENT,
  `user_id` int(10) unsigned DEFAULT NULL,
  `grade_id` int(10) unsigned DEFAULT NULL,
  `place_id` varchar(255) COLLATE utf8_unicode_ci DEFAULT NULL COMMENT 'GMpasAPI規定のもの',
  `latlng` varchar(255) COLLATE utf8_unicode_ci DEFAULT NULL COMMENT '緯度経度',
  `corp_name` varchar(255) COLLATE utf8_unicode_ci DEFAULT NULL,
  `tel` varchar(20) COLLATE utf8_unicode_ci DEFAULT NULL,
  `address` varchar(255) COLLATE utf8_unicode_ci DEFAULT NULL,
  `open` time DEFAULT NULL,
  `close` time DEFAULT NULL,
  `issues` int(10) unsigned NOT NULL DEFAULT '0' COMMENT '発行数',
  `left` int(10) unsigned NOT NULL DEFAULT '0' COMMENT '残り枚数',
  `disabled` tinyint(4) NOT NULL DEFAULT '0' COMMENT '0:有効, 1:無効',
  `created_at` timestamp NOT NULL DEFAULT CURRENT_TIMESTAMP,
  `updated_at` timestamp NOT NULL DEFAULT CURRENT_TIMESTAMP ON UPDATE CURRENT_TIMESTAMP,
  PRIMARY KEY (`id`),
  KEY `shops_user_id_index` (`user_id`),
  KEY `shops_grade_id_index` (`grade_id`),
  CONSTRAINT `shops_grade_id_foreign` FOREIGN KEY (`grade_id`) REFERENCES `grades` (`id`) ON DELETE CASCADE ON UPDATE CASCADE,
  CONSTRAINT `shops_user_id_foreign` FOREIGN KEY (`user_id`) REFERENCES `users` (`id`) ON DELETE CASCADE ON UPDATE CASCADE
) ENGINE=InnoDB AUTO_INCREMENT=11 DEFAULT CHARSET=utf8 COLLATE=utf8_unicode_ci
1 row in set (0.00 sec)

DB.shops は次のような使われ方を想定している.
(細かい点の説明は省く)

  • 飲食店情報を格納したい
  • 外部キー
    • user_id
    • grade_id
    • place_id
  • latlng
    • 緯度経度
  • corp_name
    • 企業名
  • open
    • 開店時刻
  • close
    • 閉店時刻
  • created_at
  • updated_at

各カラムの意味は今回本質的ではないので気にしなくて良い.
「あー、こんなテーブルに対してダミーデータを突っ込むんだね」 程度でok.

モデルファクトリ記述内容

まずダミーデータのもとを作成する.
記述するファイルはこれ↓

  • /database/factories/ShopsFactory.php

記述内容は次の通り.

<?php

use Carbon\Carbon;

$factory->define(App\Shop::class, function (Faker\Generator $faker) {
    $userIDs  = App\User::pluck('id')->all();
    $gradeIDs = App\Grade::pluck('id')->all();

    $opens = [
        '07:00:00',
        '08:00:00',
        '09:00:00',
        '10:00:00',
    ];
    $closes = [
        '20:00:00',
        '21:00:00',
        '22:00:00',
        '23:00:00',
        '00:00:00',
    ];
    $disables = [
        0,
        1
    ];

    $carbon = new Carbon();
    return [
        'user_id'    => $faker->randomElement($userIDs),
        'grade_id'   => $faker->randomElement($gradeIDs),
        'place_id'   => NULL,
        'latlng'     => '{'.
                            'latitude:' . $faker->latitude . ','.
                            'longitude:'. $faker->longitude.
                        '}',
        'corp_name'  => $faker->company,
        'tel'        => $faker->phoneNumber,
        'address'    => $faker->address,
        'open'       => $faker->randomElement($opens),
        'close'      => $faker->randomElement($closes),
        'issues'     => $faker->numberBetween($min = 100, $max = 200),
        'left'       => $faker->numberBetween($min = 0  , $max = 100),
        'disabled'   => $faker->randomElement($disables),
        'created_at' => $carbon->now(),
        'updated_at' => $carbon->now(),
    ];
});

いくつかポイントだと思う箇所を解説.

  • use Carbon\Carbon;
    • 日付, 時刻 を簡単に扱いたいから Carbon を利用
  • $factory->define(App\Shop::class, function (Faker\Generator $faker) {xxx}
    • ダミーデータを突っ込みたいのは DB.shops
      • だから App\Shop::class を指定
    • ダミーデータ生成を楽に行うために Faker を利用
  • $userIDs = App\User::pluck('id')->all();
  • $gradeIDs = App\Grade::pluck('id')->all();
    • 外部キーはこうやって持ってこれる

記述方法については以上.

seederファイル記述内容

続いて seederファイル記述方法について.
先程モデルファクトリでダミーデータの「もと」を記述した.
ここでは何レコード用意したいかのみ指定すればいい.

seederファイルは次のコマンドで用意.

$ php artisan make:seeder ShopsTableSeeder

このコマンドで, 次の場所にファイルが生成される.

  • /database/seeds/ShopsTableSeeder.php

このファイルを次のように編集.

<?php

use Illuminate\Database\Seeder;

class ShopsTableSeeder extends Seeder
{
    public function run()
    {
        factory(App\Shop::class, 10)->create();
    }
}

ここでも気になるポイントだけ解説.

  • run()
    • seederファイル生成時に勝手に用意されている
  • factory()
    • モデルファクトリで定義したダミーデータの「もと」を指定
    • 10
      • ここでは 10レコード ダミーデータを挿入する
  • create()
    • 作るよっ, って合図

seederファイル記述内容については以上.

DatabaseSeeder.php で呼び出す

最後に, 次の点をlaravelに教えてあげる.

  • DB.shops にデータを突っ込むのはいいけど, どのファイルを参照すればいいの?

次のファイルを編集する.

  • /database/seeds/DatabaseSeeder.php
// /database/seeds/DatabaseSeeder.php

<?php

use Illuminate\Database\Seeder;
use Illuminate\Database\Eloquent\Model;

class DatabaseSeeder extends Seeder
{
    public function run()
    {
        $this->call(UsersTableSeeder::class);# 外部キーの親テーブルにもダミーを突っ込む
        $this->call(GradesTableSeeder::class);# 外部キーの親テーブルにもダミーを突っ込む
        $this->call(ShopsTableSeeder::class);
    }
}

本記事冒頭で前提条件を書いたけど,
UsersTableSeeder GradesTableSeeder は外部キーの親テーブル.
これらは事前にダミーデータ生成済みとする.

本記事と同じようにモデルファクトリ, seederファイルを作ればよい.

ここまでできたら, seeder実行してみる.

$ php artisan db:seed

ここまでの手順が正しく踏めていれば, DB.shops にダミーデータが挿入されているはず.

 select count(*) from shops\G
*************************** 1. row ***************************
count(*): 10
1 row in set (0.00 sec)

うん.
10レコード挿入されてるね.

細かいコマンドはともかく,

  • どのディレクトリで
  • どのファイルが
  • 何を参照しているか

の感覚を掴んで欲しい.

今回は以上.

スポンサーリンク
336 x 280 – レクタングル(大)
336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク
336 x 280 – レクタングル(大)
トップへ戻る