確定申告前の個人事業主は求職(休職)者扱い

こんにちは。
2016/01/31付で引越をしたので今日中に本棚をDIYするつもりの たきもと です。
今回は,個人事業主が引越をするときの世の中的な印象について。

引越前に自分の収入と貯金額を確認しよう

まず,前置きを。

引越を検討する場合に不動産屋/オーナーさんが気にするのは

-入居者の支払い能力

です。
これに尽きます。
 
 

数ヶ月生活できそうなら引越しても良いかも

事業が安定している方なら特に問題ありません。
私は開業届を提出して2ヶ月程しか経っていなかったので,事業は全然安定していませんでした。

まぁ、今も不安定ですが…。

じゃあ、事業からの収益がなければ引越ができないのか?
と、いうと一概にそうとは言えません。
これは今回の私の例です。
 
 

貯金があれば引越可能なケースもある

私は現在でも事業が安定していません。
ですが、貯金はまぁまぁありました。

結論からいうと、

-貯金が100万円以上

あれば
-不動産屋
-保証会社
-オーナさん
の信用は得られると思います。

これの根拠ですが、不動産屋の営業マンに物件内見中に

私 『貯金は100万くらいなのですが…』
営業マン 『あぁ、なら全然大丈夫です』

というやり取りをしたからです。
そして、実際無事に引越が完了しました。
 
 

確定申告前は 求職(休職)者 扱い

これ、個人事業主としてはショックですよ。

ただ、これが世の中的な考えです。
いわゆる 常識 というやつですね。

理由ですが、
-収入を証明することができないから

です。

もし確定申告を済ませていれば,事業規模が数字になって表れるので不動産屋や保証会社も判断のしようがあります。
私のように確定申告前に起業したばかりだと,証明する手段が何も無いんです。
 
 

個人事業主でもアルバイトや業務委託を請け負っていれば状況は異なったかも

私は完全にPC&自分の手作業という感じで業務をこなしているので,不動産屋さんから私(個人事業主)に対する見方は変わりませんでした。

ただ,
-アルバイトをしている
-業務委託で何かしている

等,安定した収益が見込まれる場合は審査が通りやすいのかな、という印象です。
 
 

資金繰りに苦しくなったらアルバイトを視野に入れれば良いよ

これは次の方が対象です。

-引越をしたいけどお金がない個人事業主様
-事業を始めたばかりで確定申告もしていない個人事業主様

先述した通り,不動産屋/保証会社/オーナーさん が気にしているのは,

-入居者の支払い能力

です。

短期間でもアルバイトをして収入を得られれば,引越に対するハードルはきっと下がりますよ。
ただ,自分の事業に割く時間は減りますが…
 
 

物件内見に行く前に,自分の支払い能力を正確に伝えよう

正確に、というのがポイント。

「こんな感じの間取りで~・・・」

という物件に対する希望ではなく,自分の支払い能力を伝えましょう。
繰り返しになりますが,世の中(今回は不動産屋/保証会社)が開業後間もない個人事業主に関心があるのは

-支払い能力

なので。
これを怠ると、折角気に入った物件があっても審査の段階で拒否されてしまいます。

1. まず、どんな事業をしているのかを伝える
2. 毎月の収入を伝える
3. 貯金額を伝える

ここからようやく物件選びを始めることができます。
これ、ポイントですよ。
 
 

物件の選び方は人それぞれ

ちなみにですが。
私は次の条件で探しました。

-保証人不要
-駅から徒歩10分以内
-都市ガス
-家賃 4万円 未満
 
 
一見条件が少ないように感じるかもしれませんが,如何せんお金がなかったので。

個人事業主といえども一人の大人なので、保証人不要 は絶対条件。

今後の事業の拡大&ビジネスチャンスを探す意味を込めてアクセスの良い駅をチョイス。
駅近ならスーパーも徒歩圏内ですし。

ガス代はバカにならないので都市ガスも必須。
 
 
探すのに結構時間が掛かりましたが,10日程住んだ現在の物件は結構気に入っています。
 
 

私の事業内容では 事務所利用 に該当しない

よく
-事務所利用可
という表記がある物件、ありますよね。
 
 
これは,

-あなたの事業は人の出入り(物理的にね。)が激しいですか?

というのが基準になっています。
毎日の様に部屋で接待やら商売をすると,床や壁の摩耗が激しそうですもんね。
 
 
もし人の出入りはそんなにないよ~という事業主の方なら,物件探しの際にこの条件は考慮しなくてokです。

これも実際に不動産屋に聞いたのでそこそこ確かな情報です。
 
 

まとめ

個人事業主といえども,確定申告前は

-フリーター

扱いです。
確定申告をしたとしても,事業としての収益/売上高がある程度安定しないと似たような判断をされるかもしれませんね。
 
 
さぁて…
私も事業を加速するために,今日もガシガシプログラミングを頑張ります。
そして、これに疲れたら本棚を作ります。
 
 
本日は以上です。

1985年生まれ 東京都在住 フリーランスWEBエンジニア.
30歳からWEBプログラミングを独学で習得. その後エンジニアとして某企業にコミット.
現在は週3日稼働のフリーランスエンジニアとして活躍.
学んだことを中心に web 界隈の人達に向けた情報を発信.

たきもとをフォローする
BLOG
\ share /
たきもと.com

コメント

Secured By miniOrange