今年のホワイトデーのお返しは茶碗蒸し、でふぁいなるあんさー

こんにちは。最近は珈琲に砂糖を入れているたきもとです。
ブドウ糖は頭に良いという事を根拠に、作業効率が上がることを期待しております。

さて、今回はホワイトデーのお話。

ホワイトデーが近づくと
-ググる
-amazonで検索
-女性ファッションブランド店を徘徊
と、毎年恒例の行動を取る私ですが今年は
-茶碗蒸し
を作ります。

何故茶碗蒸しなのか?
何故定番のマシュマロじゃないのか?

今回はこのあたりの経緯を紹介します。

ホワイトデー の起源を調べたらこんな感じ

起源

全国飴菓子工業協同組合(全飴協)は1980年(昭和55年)からホワイトデーをスタートし、3月14日に定めた理由を、269年2月14日、兵士の自由結婚禁止政策に背いて結婚しようとした男女を救うためにウァレンティヌス司祭は殉教したが、その1ヶ月後の3月14日、その2人が改めて永遠の愛を誓い合ったと言われていることに由来するとしている。全飴協はその後、ホワイトデーをキャンディの日に変えた。

引用: ホワイトデー | ウィキペディア

ちなみに、ホワイトデーの公式サイトもあるそうです。
White day official site | 全国飴菓子工業協同組合


とはいえ、諸説あるそうです。

お返しの品に込められた意味

モノによって意味が異なるそうです。
この辺は縁起を担ぐ日本人特有な感じもします。

-マシュマロ
「あなたが嫌い」
「あなたの気持ちを柔らかく包み込んでお返しします」

-クッキー
「友達のままでいよう」。
さくっ とした食感から ドライな関係 を連想する。

-キャンディー
「私もあなたが好きです」。
一度食べると溶けるまで長く楽しめるから。

-マカロン
「特別な人」。

既にモノに込められた意味は気にしないでok。渡すモノに意味を与えたい

ビジネス的な観点だと、
イベント = 商戦
なので商品にネガティブなイメージがあったら払拭するし、ポジティブなイメージがあれば全面に出してくるでしょうね。
先述したマシュマロなんかが良い例だと思います。


私は、
ホワイトデー = バレンタインのお返し
ホワイトデー = 日頃の感謝
ホワイトデー = 遊びに行くキッカケ
等と考えています。

何を渡すにしても
-自分はこういう気持ちで、こういう考えでこれを選びました
という具合に自分の考えや気持ちをモノに与えたいと思っています。

私がマシュマロを渡さない理由

先述したネガティブなイメージとは別に、私がマシュマロにしない理由は次のとおりです。

お返しとしてのマシュマロに飽きた

小学生~大学生まで幾度と無く購入してきました。
ホワイトデーのついでに自分にも買って食べたりもしました。
冬になると、温かいココアに浮かべて楽しんだりもしました。

だから、嫌いじゃないんですよね、マシュマロ。

でも、
-お返しとしてマシュマロを買うこと
に飽きました。
ど定番なので。
先述したように小学生~大学生までお返しの品として幾度と無く購入してきて飽きちゃいました。
これが最大の理由です。

社会人になったら工夫を求められている気がする

食べ物だけでも
-マシュマロ
-クッキー
-キャンディー
-マカロン
と選択肢が4つあります。
この中でも更に色んな風味やブランドがあるので選択肢は無限大です。


とはいえ、食べ物に限定しなければもっと工夫できますよね。
-ティーセット
-ネックレス
-時計
-おもしろアイテム
-手紙を添える
-リップクリーム (冬は乾燥の季節なので)
-ストール (そろそろ春なので)

など。


ちなみに、前職では
-紅茶のセット
を1年目で渡して、2年目以降はそれを活かせるように
-数種類の茶葉
-お菓子
という感じで渡していました。
会社の休憩時間に使って貰えればなと。


なんだかんだ社会人になると、お返しの品に工夫を要求されている気がします。

何故今年は茶碗蒸しなのか

先述したように、私はマシュマロは避けます。
今年は 茶碗蒸し を作ろうと思っています。
何故茶碗蒸しなのか。
そのあたりを書いてみます。

健康的

昨今の健康ブームは凄まじいですよね。
私もかなり気を使っています。

お菓子だと糖分が。
茶碗蒸だと塩分が気になります。

ただ、女性が気にするのは恐らく
糖分
です。
理由は
体型、むくみ に直結するから
です。

一方茶碗蒸しの塩分ならこちらでコントロール可能です。

お菓子を作れば糖分のコントロールも可能なのでは?
と思いますが、そもそも女性は糖分自体に悪いイメージを持っていると勝手に推測しています。
そう、勝手にこう考えています。持論です。

手作り というプレミア感

バレンタインだと手作りのチョコって嬉しいですよね。
これって逆でも当てはまらないのかな?
この辺は勘です。
ですが、
手作り = 想いがこもったプレミア感がある
という認識を持っているので良いのではないかと。

食事の準備をするのはまだまだ女性が多いのではないでしょうか?
普段作ってもらっているお礼に料理を返す。
これも工夫の一つだと思います。

私は自炊派なので、料理は苦になりません。
このあたりの特技も茶碗蒸しに活かせると考えています。

茶碗蒸しは案外簡単

一見難しいイメージがありますが、作ると意外と簡単です。
最近ではクックパッドをはじめ、様々なレシピサイトがあるので検索も容易です。

まとめ

私はマシュマロ自体は好きなのですが、お返しの品としてはもう飽きました。
茶碗蒸しは案外簡単ですし、私は普段自炊しているので苦だと感じません。
手作りのお返しというのも素敵な工夫の一つなのでは?



この圧力鍋は私が料理の時間短縮を図って購入したものです。実際、一度加熱をして圧力をかけると短時間で料理が仕上がります。
初めての圧力鍋でしたが、レシピの載っている冊子もついていたので助かりました。
実は蒸し器も付属していたのですが、今まで一度も使ったことがないんです。今回のホワイトデーを期に、この蒸し器で茶碗蒸しを作ってみようと思います。自炊派の男性にはオススメの一品です。

スポンサーリンク
336 x 280 – レクタングル(大)
336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク
336 x 280 – レクタングル(大)
トップへ戻る