[Microsoft]どのキーボードが良いか悩むあなたにおすすめ : ワイヤレス Bluetooth Wedge Mobile Keyboard U6R-00022

こんにちは。キーボードを3つ使い分けているたきもとです。

-PC 2台
-家用, 外出用

という環境で3つのキーボードを使い分けているのですが、今回はメインで使っているイチオシなキーボードを紹介します。


追記(160320):
Fnキーの使い勝手を良くする方法が見つかったのでシェアします。
Wedge Mobile Keyboard U6R-00022のFnキーで悩んだときの解決方法 | たきもとけんご.com

モバイルキーボドとは?

最近はタブレットやスマホで文字を入力することが増えましたね。
ただ、LINEでもGmailでも、フリック入力よりはキーボードで入力した方が楽なんですよね。
こう思っているのは私だけでしょうが・・・。

外出先でもキーボードで文字を打ち込みたい!
もうフリック入力に疲れた!
こんなワガママを叶えてくれるのがモバイルキーボードなんです。


家でガッツリ作業をするなら大きめのキーボード、
外出先なら小ぶりなモバイルキーボード、
というのがイマのトレンドだと思います。

でも、私がオススメの
-Wedge Mobile Keyboard U6R-00022
は家でも活躍してくれる頼もしいやつなんです。

むしろ、家での活躍がメインで外出時は違うキーボードを使っています。

U6R-00022とU7R-00022って何が違うの?

実はこのキーボードには2種類の型番があります。
私は
U6R-00022
を購入しました。


こ2つの違いは

U6R-00022: 一般ユーザー向け
U7R-00022: 法人向け

です。
後は
-包装箱
-価格
に若干の差があるようです。
中身は変わらないので、どちらを買ってもOKだと思います。

箱がびっくりするくらい簡素

実際にびっくりしました。
この記事を書くために改めて眺めてみてもびっくりします。

外箱は無地だし、内部も簡単な作り。

たきもとけんご.com

ただ、説明書や保証書はしっかりついているのでご安心を。

たきもとけんご.com

外観 / 質感

まず、全体的な見た目はこんな感じです。
たきもとけんご.com

カバーはゴムのような素材で、触った感じは表面が意外とスベスベしています。
ただ、裏側はスベスベ感がなく,摩擦が効いている感じです。

カバーを開けたら自動で ON
カバーを開けたら自動で OFF
する省エネ設計なのでかなり嬉しいです。

カバー中央には予め線が入っていて、折り曲げられるようになっていることが一目で分かります。
実際に折り曲げたらこんな感じです。
たきもとけんご.com

載せているのは私が愛用する
-Xperia Z3 tablet compact
です。

自由に角度が調節できるので、タブレットカバーよりも微調節ができるのですが…
先述した通り、私はあまり台として使っていません。
理由は、
タブレットよりもキーボードが重くて持ち運ぶ気にならないから
です。

ただ、これを上回るメリットととして
-オシャレ
-打押感がソフトで静か
-コンパクトで無線だから机の周りがスッキリ
が挙げられます。

さらに、個人的にはカバーがキーボードの埃を防いでくれる所が最大の評価ポイント。
他のキーボードだと追加でカバーを用意したり、そもそもカバー無しで使う事が多いと思います。
これは重量感バッチリのゴム素材のカバーがあるので、
-埃を防げる
-外部からの衝撃やキズから守ってくれる
利点があります。

折角買った物だから、できるだけ長く使いたいです。
その気持を支えてくれるのがこのカバーかなぁと思っています。
Microsoftさんには悪いのですが、スタンドやモバイル用という点を私はメリットだと感じていません。
かなりいい感じのカバー付きオシャレキーボード
だと思って使わせて頂いております。


さて、続きを。


背面の傾斜台横にはBluetoothペアリングスイッチが。
たきもとけんご.com


その反対側には単4単乾電池 2 本を収納するスペースが。
私は購入時に相当迷ったのですが、このスペースは開閉式です。
ここを ポチッ と押すと開いてくれます。
たきもとけんご.com


私の作業スペースではこんな立ち位置です。
たきもとけんご.com

光にかざすと使用感が滲み出ていますね。
これだけ愛用できるキーボードにはなかなか出会えないため、今後も続けて使用感をアップさせたいと思います。

仕様

寸法(縦×横x奥行): 約 101×257×21 mm
重量(バッテリなし/あり): 約 443 g/約 466 g
キー数/配列: 84/ストレート
接続方式: Bluetooth 3.0
電波受信範囲: 約 10 m
必要バッテリ: 単 4 アルカリ乾電池 2 本
動作持続時間: 約 6 か月
対応OS: Windows 8, Windows RT, Windows 7, Mac OS X 10.6~10.7

イマイチだった点

私が思うイマイチだった点を。

-案外重い -> 持ち運びたくはないかな
-左下Fnキー + F1-F12 の同時押しが必要 -> 少し面倒


追記(160320):
Fnキーの使い勝手を良くする方法が見つかったのでシェアします。
Wedge Mobile Keyboard U6R-00022のFnキーで悩んだときの解決方法 | たきもとけんご.com


購入当初は持ち運びを視野に入れていました。
でも、やっぱり案外重いんですよね。
タブレットの方が軽いとなると、この重さを背負ってまで出かける必要あるのかなぁと疑問に思っちゃいます。

ただ、
-デザインはかっこいいし
-キーピッチは狭くも広くもなく調度良い、
-ストロークはパンタグラフなのに結構深くてしっかりと打てるし、
-キー配列は・・・Fnが残念だけど、windows8.1ならホットキーが便利。右下の右クリと同じ動作をするボタンは愛用しています。
更に、
-保証だって3年付いているし。


私は買って大満足です。
壊れるまで使い倒そうと思っています。

Bluetooth機能が非搭載のPCは注意してね

そもそも論ですが。
私は最近PCを買い換えたので新PCに関しては余計な出費はありませんでした。
ただ、現在のサブPC(旧メインPC)の
-dynabook CX/47E
はBluetoothが使えませんでした。


というわけで、アダプタを購入しました。
それがこちら。

たきもとけんご.com


最近のPCだったらまず間違いなくBluetoothが使えると思います。
注意するのは規格だけですが、もしお手元のPCや製品がBluetooth非対応だったら、これはおすすめです。
小型であまり存在感はありません。

唯一難点を上げるなら、
-使用中の青い光がやや気になる
くらいですかね。




まとめ

モバイルキーボード という分類ですが、私は家でメインキーボードとしてガシガシ活用しています。
コーディングする時の

カタカタカタカタ・・・

という激しい打撃に黙って耐えてくれる頼もしいやつです。
実際、
-打音がここまで静かで
-ソフトタッチ
なキーボードに出会った事がありません。


-静かな打音
-モバイルキーボードなのに深めなストローク
-埃を防ぐカバーはスマホ/タブレット台に変形してくれる
-安定のBluetoothで配線すっきり
-毎日見ても飽きないオシャレ感 (黒色の机でも白色の机でもイイ感じな存在感)


今後も私のハードコーディングにしっかり付き合って頂きたい一品です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

トップへ戻る