未経験からWebエンジニアになった方法

30歳からプログラミングを初めて, 2017.11 で2年経った.
なんの肩書もなかった自分が独学をきっかけに Webエンジニア という肩書になっていた.
2018.01 現在ではフリーランスWebエンジニアという肩書だ.

今回は未経験からWebエンジニアになる方法,
というよりは, 私がどうやってなったのかをつらつら書いてゆきます.

概要は次の通り.

対象読者

本記事の対象読者は次の通り.

  • 未経験だけどWebエンジニアとして仕事をしたい人

いろんなサイトやブログで似たような記事を見かけるけど,
本記事では私の体験談・経験談を全面に押し出す.

私もまだまだ素人で分からないことが多いけど, だからこそ伝えられる何かがあると思う.
たとえば独学の期間に何をどのくらいやってたのか, とか.
そもそもバックグランドは何なの? とか.

なんでもそうだと思うけど, 0->1 の作業が最も大変.
だから, 本記事がこれからWeb業界を目指す人にとっての 0->1 を後押しする材料になれば嬉しい.

私のスペック

まず, 私のスペックやバックグラウンドを紹介する.
ここでの結論は次の通り.

  • 30歳までプログラミング未経験だったよ
  • 最近知人から 「たきもとはもともとプログラミングの素養があったんでしょ?」 と言われて驚愕したよ

以下, 私のバックグラウンドと現在の様子.

  • 32歳 (1985年うまれ)
  • 男性
  • 最終学歴 理系大学院 修了
  • 学生時代・前職は プログラミングにノータッチ
    • 当ブログの過去の記事を見返すと 変数ってなに? というレベルだった
    • プログラムとは別に, ブログを始めとする文章の書き方・構成が下手くそ
      • 今でも誤字脱字は多い
      • 記事を書きながら改善したい
  • 現在は職業エンジニアとして次のようなことをしている
    • Webエンジニア (フリーランス・週5日常駐)
      • レガシーなシステム(symfony1.3)の保守・運用
      • AWS周りのインフラ構成を必死にキャッチアップ
      • 「node.js で Lamdaやって」 と言われて焦る
      • Terraform使わなきゃ と焦る
      • Dockerに詳しくならなきゃ と焦る
      • rubyやらなきゃ と焦る
    • 個人でサービス開発(php)
      • 開発時間の確保ができない と焦る
    • 知人の受託開発を手伝う
      • node.js のパッケージ依存地獄にハマる
      • キャッチアップが大変すぎてプライベートの時間を失う
      • 1, 2月中に完成させなきゃいけない案件に未着手で焦る
    • ブログメディア 「たきもと.com」 編集・ライティング・マーケティング・保守・運営
      • 更新時間が全然取れない と焦る
      • ディレクトリ構成が崩壊しかけているのでなんとかしたい と焦る

ココ最近はいろんな面で焦ってばっかり.

なんでバックグラウンドの紹介をしたのか

私はプログラミングを始める前に多くのサイトやブログを読んだ.
理由は, そもそもプログラミングの始め方が分からなかったから.

当時はサイト・ブログ管理者の皆様に対して ↓こんな ことを感じていた(と思う)。

  • そもそも前提知識がどの程度あったのか
  • 実は前職でプログラミング経験あったんじゃないの?
  • 実は学生時代は情報系でうんたらかんたら
  • もともとあの人は頭が良くて…
  • この人はもともとその分野のベースがあったから…

イマでは, プログラミングはいつ始めてもいいと思うし, 他人のバックグラウンドなんて関係ないと思う.
でも, 当時は気にしていたのでここで紹介した次第です.

たきもとはもともとプログラミングの素養があったんでしょ?

…誤解です.
もし私にもともとそんな素養があったのなら,

  • 過去に恥ずかしい記事を量産していない
  • 現状プログラミング周りでこんなに苦労していない

はずだよ.

プログラミングを始めたきっかけ

ここでは私がプログラミングを始めたきっかけを紹介する.

私がプログラミングを始めたきっかけは次の通り.

  • 物販の手作業を自動化したかった

私は新卒で勤めた会社を3年半で退職した.
その後, 大学再入学を試みて1年間貯金を切り崩して受験勉強をしていた.
この間は一人暮らしで無収入.
社会的には 浪人生かつ無職(求職者) という肩書だ.

2015年9月に, 数カ月後には貯金が底をつくことが判明.
そこで, 2015年11月に, 物販を事業とする個人事業主として起業した.
事業内容は海外から物を買って, 国内に流通させること.
当ブログで古物商や物販の記事があるのは ↑これ が理由.

この作業で一番時間が掛るのが 商材リサーチ.
つまり, たくさん売れてたくさん利益が出る商品を探すこと.
手作業ではものすごく時間がかかる作業だったから, まずはこれを自動化したかったんだよね.

そこでまず最初に着手したのがExcel-VBA.
VBAに関しては当ブログの最初らへんの記事通り.

私がプログラミングを始めたきっかけについては以上.

ここで, これからプログラミングを始める人におすすめの記事を1つ紹介する.

これからプログラミングの勉強を始めよう, と思っている人に読んでほしい過去の記事はこれ

これからプログラミングの勉強を始めようと思っている人にオススメしたい記事はこれ↓

プログラミングを始めて1か月で出来るようになること
こんにちは。 プログラミングの学習ペースがやや落ちてきたたきもとです。 書籍やネットを頼りにプログラミングを始めたら、 1ヶ月でどの程度...

当ブログ開始時期とプログラミング開始時期はほぼ一緒.
いま見返すと恥ずかしいくらい素人丸出しの記事だけど, プログラミング歴1ヶ月で何ができるようになるかざっくり把握できるはず.

これを読めばきっと (色んな意味で) 勇気が出ると思う.
たとえば ↓こんな具合に.

  • 「あ、たきもとは本当にド素人だったんだな」

この記事を読んで, 一人でも多くの人が
「たきもとができたんだから, 自分だってプログラミングができるかも」
と感じてくれれば嬉しい.

独学時代にやっていたこと・できたこと

ここでは私がプログラミングを独学していたときにやっていたことを紹介する.

先述したように, 私は自分の作業効率化を目的にプログラミングを始めた.
だから, 勉強した範囲はこの達成に関係するものがメイン.

独学時代にやっていたことの概要は次の通り.

  1. Excel-VBA でスクレイピング
  2. PHP で スクレイピング
    • XAMPP環境
    • UIはなく, 全て裏で動いていた
  3. PHP + MySQL (PDO接続) でCRUD
  4. Vagrant + VirtualBox で環境構築
  5. コマンドプロンプトでTODOリスト作成

以下, 詳細.

Excel-VBA でスクレイピング

独学時代に最初に着手したのがExel-VBA.

当時できたことは次の通り.

  • VBAの基本的な操作
  • IE経由でWebからデータ取得(スクレイピング)

スクレイピングとは, インターネット上のサイトやブログから欲しいデータを引っ張ってくる技術のこと.
当時はVBAでIEを操作してデータ取得をしていた.

数あるブラウザの中でIEを使っていた理由は次の通り.

  • ExcelとIEは共にMS製品なので親和性が高かったから.

最初は

  • PCに作業させたいけど, そもそもプログラミングってどうやるの?

という状態だった.
だから, まずは初心者向けの書籍で基本を学んだ.
当時参考にした書籍は ↓これ

本書では そもそもVBAってなんぞ? というところから基本的な使い方までを学んだ.
この本だけではWeb上からデータを取得することはできないので,
スクレイピングの方法はググって調査した.

この時期はまだ 「スクレイピング」 という言葉すら知らなくて,
ググっていくうちにこの言葉を知ったというのが実情.

ちなみに, この時期にVBAの練習で作ったのが ↓これ.

マス計算

いわゆる NULL値の取扱で随分ハマった気がする.
結局, 「自分しか使わない練習用のやつだからもういいか」 という具合に先へ進んだ気がする.

スクレイピングをするために選んだ言語はPHP

当時の私にとって, VBAを使ってChromeを操作することが難しかった.
VBAはMSの製品なのでIEとの親和性は抜群.
でも当時はIEの脆弱性が… と騒がれている時期だったからIEは使いたくなかった.

そこで, ブラウザを問わずにWeb上のデータを取得する方法をググってみた.
そしたら

  • PHP
  • Ruby

が候補になった.

当時ググッた結果, PHPの方がRubyに比べて初心者向けだ という印象があったのでPHPに着手することにした.

ここでもやっぱり 「どうやってPHPを動かすの?」 からスタート.
基本は本で学びたかった私は次の本をチョイス.

当時の動作環境はLAMPじゃなかった.
そもそもLAMPという言葉すら知らなかったから.
生粋のwindowsユーザでしたし.
今でもwindowsユーザですし.

当時の動作環境は ↓これ.

  • XAMPP環境
  • UIはなく, 全て裏で動いていた

先述した初心者向けの本を参考に, わけも分からず環境構築していた.
Apacheってなに? みたいな.
CLIってなに? みたいな.

そもそも自分だけが使うツールだったので, フロント側を作る必要はなかった.

当時は
「自分の書いたコードは読みにくいし, 長い」
と思っていたけど, そもそもどうやって読みやすくするか, ファイルを分割して管理するか が分からなかった.

現在ではフレームワークのディレクトリ構成を参考にしている.

PHP + MySQL (PDO接続) でCRUD

当時はフレームワークが使えなかったから, 素のPHPとMySQLを連携するためにPDOについて時間をかけて学んだ.

DBが使えなかった当時の私にとって, データ格納先は csv か txt しかなかった.
このときに初めてwindowsの文字コード問題(SJIS)にぶつかった.

ここで学んだPDO接続は, 現場でレガシーなバッチ処理を改修するときに役立っている.
当時はphpファイルにSQL文をべた書きしていたが, 実際の現場の古いコードでは似たような書き方をしているものが結構ある.
このべた書きが良いか悪いかは別問題として, 当時の経験が役立っているのは間違いない.

Vagrant + VirtualBox で環境構築

そもそも widows + XAMPP だと, webサーバの仕組み・設定方法がブラックボックスのままだ.
初心者には優しいけど, プログラミングの勉強という観点ではよろしくない.
Linuxコマンドを触る機会がない事自体がよろしくない.

そんなわけで, windowsでもLinux環境を構築する方法を探してみた.
ここで vagrant + virtualBox で仮想環境構築について知った.

そもそも仮想環境ってなに? という疑問を抱えながら, 一先ずphpが動く環境を構築していった.
この頃に LAMP環境 という言葉を学んだ気がする.

当ブログでは過去にvagrantによるLAMP環境構築手順をまとめ.
これから仮想環境上で開発環境構築をしたい人は参考にして欲しい.

vagrantBoxの自作から公開まで まとめ
vagrantBoxを自作したので, 公開までの手順をまとめる.

コマンドプロンプトでTODOリスト作成

当時は物販の作業とプログラミングを並行して行っていた.
作業量が多かったのでタスク管理がしたかった.
こんな背景から, 練習も兼ねてコマンドプロンプト + タスクスケジューラ でToDoリストを作成した.

作成したToDoリストの機能はすごくシンプル.

  • PC起動時にToDoの書かれたメモ帳が起動
  • 起動したメモ帳には, 前日のやり残しが記載されている
  • 毎週月曜日にメモ帳の中身をリセット

このときに初めて, windowsのコマンドプロンプトとLinuxコマンドが異なることを知った.
私は仕事ではmac, 個人PCはwindows という両刀使いなので, windowsマシンで何かを自動化するためにはコマンドプロンプトを学ばざるを得なかった.

もしあなたがこれからweb業界を目指すのなら, macがよいよ.
理由は次の通り.

  • コマンドプロンプトはwindowsでしか使えないから
  • macにデフォルトで入っているターミナルはLinuxコマンドが使えるから
  • 実際のサーバを弄ったり, 環境構築をしたり, プロビジョニングスクリプトを書くのは全部Linuxコマンドだから
  • 仮想環境を利用しないチーム開発に投入されるとパッケージの環境依存地獄にハマるから
    • 直近では node.js の fsevents でハマった
  • windowsでの開発環境構築は難しい
    • sshに恵まれない
  • windowsはOSが不安定すぎる
    • 最近ではwindows10が起動しない問題で数週間ハマった

現在windowユーザで,
どうしてもMS-Officeのマクロが書きたいんです!
MS製品を愛しているんです!

といった特別な事情がないのなら, macにすべき.
Webエンジニアのほとんどはmacユーザだよ.

働き始めた直後に急いで学んだこと

ここでは職業Webエンジニアとして働き始めた直後に急いで身に付けた知識・技術を紹介.
言い換えると, 私が業務をするにあたって現場で早急に必要になったもの.

フレームワークの種類などはサービスによって異なるため,
ご自身の状況・環境に合わせて適宜読み替えて頂きたい.

  • PHPフレームワーク
    • CakePHP2.x
  • JavaScript
  • HTTPとは
  • R
  • LAMP環境構築をイメージファイルから作成

以下, 解説.

PHPフレームワーク

私はPHPフレームワークが全く使えなかった.
そもそも, ビジネス面でよく用いられる思考のフレームワークは知っていたが,
Web開発におけるフレームワークは 「え、なにそれ?」 という状態だった.

最初に着手したのは CakePHP2.x .
理由は, コミットした企業で使われていたから.

着手した当初は,
「なんでこんなに色んな場所からいろんなファイルを呼出しているんだよ」
と思っていた.
でも, そもそものファイル分割方法やデザインパターンを知らなかったので
これは思い違いだった.

やっぱりMVCに分かれてた方が便利だよ.
自分でイチから考えるのは大変.

これからWeb業界を目指すなら, なんでもいいからフレームワークをひとつ学んでおいたほうが良い.

JavaScript

これも業務で必要になったから急いで覚えた.
ググっただけでは全然理解できなかった私は初心者本を購入して勉強した.

私が買った初心者本はこれ↓

本書で出て来るajaxを扱うときは何かしらのサーバ上で動作させる必要があるが,
私はvagrant上に開発環境を立てることで乗り切った.

HTTPとは

当時はなんとなく聞いたことあっただけの単語で, 全然詳しくなかった.

これを知らないと, ajaxを利用したhttpリクエストで
view ⇔ controller 間のデータ送信が出来ないと思う.

私は当時このあたりの理解が曖昧だったのでかなり苦労した.

R

これも業務で必要になったから.

Rは統計屋さんがよく利用する言語.
phpの配列に比べて, データへのアクセスが容易.
ggplot2等のパッケージでグラフ化も比較的簡単にできる.

多くのWebエンジニアはRに着手する機会はないかも.

個人的には, これからはAIだのIoTだのと呼ばれる時代だから
Rに比べて汎用性の高いpythonを学んだ方が良いと思う.

LAMP環境構築をイメージファイル作成から

ここでいうLAMP環境構築とは,
LinuxOSのインストールからapachem, mysql, php をインストールする作業までのこと.

パッケージのインストールやアンインストールは基本的にはyumコマンド, aptコマンドで行う.
GUIに頼ってきた人にとってはLinuxコマンドを覚えるための良い訓練になると思う.

何かしら動作環境上の不具合が起きたときにこれらのコマンドを知っていると対処できる幅が広がる.

働き始めるまでにこれをしておけば良かったと思ったこと

ここでは私がもし当時に戻れるなら,

  • 絶対これをやっておいて学びを加速したのにっ!
  • これを事前にやってたらもっとすごい男になっていたのに!

という項目を列挙.
概要は次の通り.

  • フレームワークに慣れる
  • Webサーバ(Apache)の役割・仕組みの理解
  • 自分以外の誰かが使う想定で, UIのある何かを作る

以下, 解説.

フレームワークに慣れる

なにか一つでもフレームワークをやっていればMVCパターンに慣れる.
そうすれば, 他のフレームワークに初めて着手しても大体どうにかなる.

私がこれまでに着手したフレームワークは次の3種類.

  • CakePHP 2.x
  • Laravel 5.4
  • Symfony 1.3

ある程度ナマのPHPが書けるようになったら, なんでもいいから1つフレームワークと仲良くなっておこう.

Webサーバ(Apache)の役割・仕組みの理解

クライアントからリクエストを受け取って対象のファイルを返す, とか.
特定のリクエストをよしなに捌く, とか.

少しでもいいからWebサーバの理解はしておこう.
そして, error_logの場所は必ず把握しておこう.

私はググるだけでは理解できなかったので, 次の書籍を読みつつ絵を描いて理解を深めた.

自分以外の誰かが使う想定で, UIのある何かを作る

現場で多くの工数を割く作業は ユーザ が使うツールの作成だ.
決して自分のためだけに役立つツール開発(バッチ処理とか)ではない.

だから, UIを持つサイトなりシステムなりの開発経験を積んでおいた方がいい.

UIを持つサイト・システムを作ると次の理解が進む.

  • フォーム送受信
  • DBへのCRUD
  • HTML/CSS の基礎

もし余裕があるなら, form送受信をJavaScriptでやれると良い.
全てをPHPでやろうとすると画面遷移が必須になるので.
同じ画面の一部のみを動かしたいときはajaxの力を借りよう.

Web業界で働いて良かったこと

ここではWeb業界で働き始めて良かったと感じたことを紹介.

概要は次の通り.

  • 独学のスピードが上がった
  • MACの良さに気付いた
  • ちょっとした欲しいものは作れる
  • 自動化したくなる
  • 井の中の蛙にならなくて済む

以下, 詳細.

独学のスピードが上がった

Webエンジニアとして働くと, 自分一人では絶対に手を出さないモノに着手できる.
Docker とか AWS, node.js, 広告配信サービス, etc…

とはいえ,

  • 短期間で多くのことをやらざるを得ない
  • ⇔ 独学せざるを得ない

のが実情.

強制的に学ばざるをえない環境に身を置けたことは良かったと思っている.

MACの良さに気付いた

windowsをdisるつもりはさらさらないが, とにかく開発環境構築が大変だと常々感じている.
特に, ssh周りに恵まれていないなぁと.

あと, 私は過去に次のようなwindowsOSの不具合に悩まされたことがある.

  • windowsME がよく落ちる
  • windows10でOSが起動しない

一方, macはデフォルトでLinuxコマンドが使えるターミナルがあるし,
ssh周りで困ることはない.
OSも比較的安定していると思う.

私はもう環境構築で苦戦したくないので, もし買い換えるのならmacにすると思う.

ちょっとした欲しいものは作れる

プログラミングを始めてみると, いろんな言語や環境, システムに触れるようになる.
そうこうしているうちに, 簡単なシステムなら自然と自分で作れるようになる.

私は知人から

  • ブログが作りたい
  • 起業したからHPが欲しい

と頼まれて作成することがある.

個人的には, 某サイトの 「ログインしてクリックするとポイントゲット」 的なのを自動化している.

自分にも他者にも何かメリットのあるものをサクッと作れるように, 今後も勉強を続けてゆきたい.

自動化したくなる

プログラムでできる!
と知っていると, わざわざGUIでボタンをポチポチするのが面倒だし, ヒューマンエラーの温床になる.

スクリプト化できるなら, 再現性も高く短時間で済むのでそうした方が良い.
たとえば, 複数台のPCで同じ環境を整えたいのならスクリプトを用意するべき.

vagrant や docker, AWS(terraformを使って) はそうなっている.

日頃行っている作業は可能な限り自動化したい.

井の中の蛙にならなくて済む

どの分野にも, 上には上がいることを実感.

あらゆる言語をなんとなく使いこなしちゃう人とか,
あらゆるものを自動化しちゃう人とか,
インフラエンジニアなのにフロント~バックまでカバーしてる人とか.

ちょっと言語が扱えただけの自分は井の中の蛙だったと思い知らされる.
いい意味で勉強せざるを得ない環境に身を置けて良かった.

Web業界で働いて後悔したこと

ここからは, Web業界で働いて後悔したことを紹介.
概要は次の通り.

  • 覚えることが多すぎて自分のやりたいことに時間を割けない

以下, 解説.

覚えることが多すぎて自分のやりたいことに時間を割けない

Web業界で働くまでは, 自分が何を知らないのかすらよく分かっていなかった.
たとえば次のようなもの.

  • サーバ構成
  • フレームワーク
  • バッチ処理
  • UIデザイン
  • パッケージ依存地獄
  • 最低限のセキュリティ

知らないって怖いな, と実感することがあまりにも多いのと,
純粋に知らないと仕事にならない.

これらのキャッチアップに時間を割くと自分が作りたいものに回せる時間が圧倒的に少ない.
時間の使い方が現状の課題.

今後の抱負

ここでは今後の抱負と達成見込みについて紹介.
概要は次の通り.

  • 週n回出勤のフリーランスとして働く
  • もともと自分で作って運用する、が目標だったから早く達成したい
  • 仕事を請けすぎない

以下, 詳細.

週n回出勤のフリーランスとして働く

現状では週5日稼働.
これは正社員の働き方と大差ない.
だから, 稼働日数を週5日未満にしたい.

少なくともあと1年は技術・信頼性ともに達成できないと思う.
なので, イマは技術研鑽に注力したい.

もともと自分で作って運用する、が目標だったから早く達成したい

そもそも, プログラミングを始めた理由は個人サービスのリリース&運用だ.
個人サービスを収入の柱として稼ぐ.
稼いだお金を使って, 本当にしたいことをする.

その足がかりとして, まずはいまコミットしている会社の業務に早く慣れないと.
そして, 開発時間を確保しなければ.

仕事を請けすぎない

これは2017年末~2018年初にかけて後悔したこと.
私は捌ききれない量の仕事を請け負ってしまった.

結局, 捌ききれなかった分はお金を貰わずに仕事を先方に返した.
数カ月先の忙しさを予測できずに受注してしまったことを非常に申し訳なく思っている.

目の前の利益よりも, 失った時間の方が遥かに価値がある.
失った時間のことを考えると, 今でも残念な気持ちになる.

現状の生活レベルを維持できるのなら, 目の前の利益に飛びつく必要はない.
そんなことをするくらいなら, 掲げた目標のためにいまなにができるのかをしっかり考えるべき.

私は今後, 掲げた目標を達成するための時間を捻出したいから
必要以上の仕事を請け負うことはしない.

まとめ

本記事はあなたの期待に沿った内容だっただろうか?
私はフリーランスWebエンジニアになるための情報, または, 私がなった方法を十分提供できただろうか?
お気づきの点等があれば是非コメント欄からお知らせ下さい.

長くなったが, ここで本記事をまとめる.
まとめの内容はこれからWeb業界を目指す方々と, 今後の自分へメッセージ.

概要は次の通り.

  • 未経験でも興味があるならやった方がいい
  • 膨大な量の独学は覚悟しよう
  • 目標があるなら計画を立てよう

以下, 詳細.

未経験でも興味があるならやった方がいい

Web周辺技術に興味があるなら挑戦するべき.

私自身は未だに他の人から次のような言葉を頂戴する.

  • 「Web業界は学習コストが高いから, 他のコトをやった方がいいんじゃない ?」
  • 「他の目標を達成するためにこの業界を選ぶのはミスなんじゃない ?」

確かに学ぶ量と範囲が広すぎて時々迷子になる.
さらに, 「この言語を学ぶ必要があるのか?」 と感じることもしばしば。
たとえば, 現状だと symfony1.3 (Propel版) とか.
他の会社で使われていないような古いフレームワークを学んでも高確率で無駄になると思う.

でもね.
これらの言葉は自分の興味を削ぐ理由にはならないよ.
チャレンジをやめる理由としては少し弱い.

分野はWebプログラミングに限らなくてもよい.
たとえば次のようなものはここ最近話題になっている.

  • AI
  • フィンテック
  • なんちゃらオートメーション

この他にも話題になっている分野・技術は多く存在する.

どんな分野でも, どんな技術でも, 未経験だという理由で諦める必要はない.
誰でも最初は初心者なんだから.
やりたいのなら, やるべき.

少しでも着手したあなたはもう未経験ではないのだから.

膨大な量の独学は覚悟しよう

趣味ではなく, 職業としてWebエンジニアになると膨大な量の独学が必要になる.

私はこの2年間, 覚える知識・技術は減るどころか日々増えている.
正直に言うと, あまりの量の多さに溺れかけている.

私は独学に充てられる時間, 理解力は人並み, もしくはそれ以下だ.
だから, 何か一つのことをある程度できるようになるまでかなりの時間がかかる.

新しい技術・知識を効率よく習得する方法があるかはわからない.
ただ, 業務時間外に独学をしないと仕事にならないというのが現状.

これからWeb業界を目指す人は膨大な量の独学が必要となることを知っておこう.

目標があるなら計画を立てよう

これは私自身に向けた言葉.
やりたいこと・達成したいことがあるのなら計画を立てよう.

これまでの生活を振り返ると, 計画を立てずに何かを達成したことはほぼ無い.
なんとなく必要だから新たな言語を学んで,
なんとなく必要だから新たなフレームワークを学んで…

これじゃいつまで経っても目標は未達成のままだ.
だから, 計画を立てよう.

直近の目標はWebサービスを一つ作ること.

フロントがダサくても,
動作が遅くても,
コードに柔軟性がなくても,
なんだっていい.

まずは作る.
そして運用する.

はやくこれを達成したい.
だから私は計画を立てて実践している.

進捗は芳しくないけどね.

今回は以上.

スポンサーリンク
336 x 280 – レクタングル(大)
336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク
336 x 280 – レクタングル(大)

コメント

  1. ロンブン より:

    こんにちは。
    自分はつい最近、未経験でWebプログラマーとして正社員採用さればかりで、偶然にもたきもとさんと同い年(85年生まれ)だったので大変興味深く拝読させていただきました。

    一つ質問があるのですが、こういうのは大変お聞きしにくいのですが、月収や年収についてはどんな感じなのでしょうか?
    ネットで検索すると「月60万は相場」などと書く人もいますが、おそらく5年以上の経験があるとか東京をベースにしてるとか、色々と加味した上での「相場」であって、地方や経験年数の3年未満では当てはまらないと思います。

    たきもとさんは未経験からフリーのエンジニアを始めたという珍しい経歴なので、実際の所どうなんでしょうか?
    実は自分にも些細なことですが夢があるので、ある程度稼げて、自分の時間をコントロールできるフリーランスに憧れがあります。
    答えにくいというのは重々承知ですが、よろしければお答え頂けると幸いです。

    • たきもと より:

      ロンブン さん

      コメントありがとうございます.

      フリーランスの収入面について知りたい旨, 承知しました.
      これは友人からもよく訊かれる点です.
      コメント欄だけでは足りないので記事にしたいと思います.

      記事を公開したら本コメント欄&頂いたメールアドレスへとお返事させて頂きます.

      同い年どうし, 夢を実現すべくお互いに日々精進しましょう.
      陰ながら応援しています.

      • ロンブン より:

        お返事ありがとうございます。
        後ほど記事にして頂けるということで、有り難うございます。
        お時間があるときでよろしいので、書いて頂けると嬉しいです。

        • たきもと より:

          ロンブン さん

          お待たせしました.
          8/13 に記事を公開します.

  2. ロンブン より:

    ありがとうございます!
    楽しみにしています。

トップへ戻る