NetBeans8.2 に Markdown Support plugin をインストールする方法

NetBeansにMarkdown Support Plugin をインストール方法を紹介.
概要は次の通り.

参考

動作環境

  • windows10 Home x64
  • git 2.9.2
  • NetBeans 8.2

手順

基本的には Markdown file support for the NetBeans IDE | github.com を見ながら進める.

手順は次の通り.

  1. Requirements をちゃんと読む
  2. JDK を inst.
    • “NetBeans Plugin Development” をinst.するために必要
  3. “NetBeans Plugin Development” plugin をinst.
  4. “flow-netbeans-markdown” を inst.
  5. defualt encoding を UTF8 に
  6. 動作確認

以下, 詳細.

Requirements をちゃんと読む

私はこの時点でハマった.
ちゃんと動作要件には目を通すクセをつけよう.

Markdown Support をインストールするための Requirements は次の通り.

Requirements

  • NetBeans >= 8.0
  • “NetBeans Plugin Development” plugin must be installed if you want to compile your own binary package.

引用: Requirements | github.com

私の環境のNetBeansは 8.2 だから前者はok.
後者は満たしていないので “NetBeans Plugin Development” plugin を inst.する.

JDK を inst.

既に “NetBeans Plugin Development” がisnt.済みの人はこのステップは飛ばしてok.

“NetBeans Plugin Development” をinst.するためには JDK が必要.
まずは JDK を isnt.する.
既にJDKがある場合は次のステップへ.

JDKは次のページから入手する.

私のマシンは64bitなので

  • Windows x64

を選択.
インストーラの手順に従えば作業に悩まないはず.

“NetBeans Plugin Development” plugin をinst.

JDK inst. 後に .conf を書き換える必要がある.

ここでの作業は次のページに詳しく書いてある.

私の環境では次の場所にある .conf を書き換えた.

  • C:\Program Files\NetBeans 8.2\etc\netbeans.conf

inst.したJDKの場所を記載する.
記載内容は次の通り.

  • netbeans_jdkhome="C:\Program Files\Java\jdk1.8.0_141"

.conf を編集したら NetBeans を再起動する.

ここまでの作業で “NetBeans Plugin Development” plugin が利用可能になっているはず.

利用可能かどうかは次の場所を見れば分かる.

  • Tools\Pluging\Installed タブ

“flow-netbeans-markdown” を inst.

基本的には次の手順に従う.

  1. git clone git://github.com/madflow/flow-netbeans-markdown.git
  2. Open the folder with NetBeans (Open Project)
  3. (Configure Target Platform if needed)
  4. Choose “Create NBM” from the project menu
  5. Install the plugin with: Tools -> Plugins -> Downloaded

引用: Installation | github.com

以下, 解説.

git clone git://github.com/madflow/flow-netbeans-markdown.git

git clone を利用してMarkdown Support plugin をローカルにDLする.
コマンドプロンプトで次のコマンドを実行.

デスクトップに次のフォルダが作成されればok.

  • flow-netbeans-markdown

Open the folder with NetBeans (Open Project)

NetBeansでDLしたディレクトリを開く.

  1. Ctrl + Shift + o
  2. 次のフォルダを指定
    • flow-netbeans-markdown

(Configure Target Platform if needed)

これは無視

Choose “Create NBM” from the project menu

プロジェクトのペインを右クリックして Create NBM を選択.
次の画像を参照.

createNBM

暫く待つとinstallerが起動し, passwordを求められる.
私はテキトーに入力した.

さらに暫く待つと, NetBeans エディタ下方に新たなペインが開く.
そこに次のような記述があったので成功したとみなした.

  • BUILD SUCCESSFUL (total time: 1 minute 22 seconds)

Install the plugin with: Tools -> Plugins -> Downloaded

ここまでの作業で, 次の場所に .nbm ファイルが生成された.

  • C:\Users\PC名\Desktop\flow-netbeans-markdown\build\flow-netbeans-markdown.nbm

生成された .nbm ファイルを利用して MarkdownSupport を利用可能にする.
次の作業を実行.

  1. Tools\Plugins\Dowloadedタブ
  2. Add Plugins
  3. さきほど生成された .nbm を指定
    • C:\Users\PC名\Desktop\flow-netbeans-markdown\build\flow-netbeans-markdown.nbm
  4. install
  5. License Agreemet 等に同意して, いつものplugin inst.作業を行う
  6. ちゃんとinst.されたことを次の場所で確認する
    • Tools\Pluging\Installed

defualt encoding を UTF8 に

windowsユーザは文字化け対策は宿命だと思いましょう.

NetBeansのプロジェクトとして登録していないファイルを開こうとすると,
デフォルトencodeがUTF-8ではない.
だから文字化けが起こる.

ここで文字化け対策を行う.
次のファイルに -J-Dfile.encoding=UTF-8 を追記する.

  • /Applications/NetBeans/NetBeans 8.2.app/Contents/Resources/NetBeans/etc/netbeans.conf

追記する場所はココ↓

  • netbeans_default_options="-J-client ~~~ この辺"

動作確認

動作確認を行う.

ここまでの手順を踏むと, editorに次の項目が現れる.

  • Preview
  • 地球っぽいマーク

画像で言うとここ↓

testMarkdownSupprort

適当にMarkdownを開いてこれらのボタンを押すと見事にプレビューが表示される.

長くなったけど, 今回は以上.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

トップへ戻る