vimのカラースキームを変更する方法

デフォルトのvimは見辛い.
よしなに変更.

概要は次の通り.


動作環境

  • centOS6.8
  • vim 7.4 Huge version without GUI

前提条件

  • virtualBox + vagrant で仮想環境を構築.
  • gitやその他コマンドはインストール済み.
  • permissionで怒られるので必要に応じて sudo を使用

現状のvimがどれだけ見辛いか

私は頻繁に /検索キーワード の機能を使う.
デフォルトだとこれが真っ黄色で何も見えない.

↑この画像は /xdebug で検索したもの.
とても見辛い.

このカラースキームは手動で細かく設定することが可能.
ただ, 一つ一つ設定するのは面倒なので素敵なテーマを利用させて頂くことにする.
使用するテーマは 『hybrid』.
hybridのgithubはこちら.

vim-hybrid - A dark color scheme for Vim

変更方法

備忘録を兼ねて次の2通りの変更方法をメモ.
概要は次の通り.

  • 手動で色を変更
  • テーマを利用

手動で色を変更

手動で変更する場合の手順は次の通り.

  1. vim 起動
    • $vim
  2. :highlight と入力
    • ここで自分が変更したい項目を確認
  3. 設定ファイル編集
    • $sudo vim /etc/vimrc
    • ファイル末尾に次の文言を追記

解説

設定ファイルを sudo で行うのは, read only で開かれるのを防ぐため.

:highlight を入力すると次のような画面が表示される.
今回は Search の色を変更した.

結果

随分見やすくなった.

テーマを利用

今回利用するテーマは 『hybrid』.
vim界隈では有名らしい.

テーマ利用手順は次の通り.

  • git cloneで hyblid をDL
    • $ cd /usr/share/vim/vim74/colors
    • $ sudo git clone https://github.com/w0ng/vim-hybrid.git
  • DLした hybrid.vim をコピー
    • $ sudo cp ./vim-hybrid/colors/hybrid.vim ./
  • ちゃんと一覧に追加されているか確認
    • $ ls -la
  • 余計なディレクトリの削除
    • $ sudo rm -rf vim-hybrid
  • 設定ファイルで hybrid を有効化
    • $ sudo vim /etc/vimrc
    • 次の文言をファイル最末尾に追記

結果は後半で紹介.

解説

まずはvimのディレクトリ構成を確認.

$ tree /usr/share/vim/vim74/colors

新しく入手したテーマはここに設置する.

次に hyblid の入手.
githubからDLした後, 不要なディレクトリ・ファイルを削除する方針.
wget でも良かったのだが, 今回は git clone でファイルをDLした.

hybrid 公式ページにある通り, backgroundの設定をしないと背景が真っ白になって見辛い.
ちゃんとセットしよう.

結果

背景もdarkになり, syntaxが見やすくなった.
/検索キーワード も見やすい.

これで目的は達成.

今回は以上.

スポンサーリンク
336 x 280 – レクタングル(大)
336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク
336 x 280 – レクタングル(大)
トップへ戻る