Laravel5.3 自作class使用方法

ローカル開発環境で自作classの作成・呼び出しを行いたい.
cakePHPなら命名規則やディレクトリ構造が厳密に規定されているが, Laravelだとどうなんだろう?

今回は次の点を主に調査した.

  • どのディレクトリに作成するか
  • 呼び出し方

今回のゴールは, Controllerから自作クラスを呼び出すこと.

概要は次の通り.

動作環境

  • Laravel 5.3
  • centOS 6.8

どのディレクトリに作成するか

Laravelでは自作クラス置き場は存在しない.
だから, 今回は任意の場所に自作クラスを作成すればok.

今回は次の場所に自作クラスを作成する.

  • /app/Libs

Libディレクトリは自分で作成.
このディレクトリ配下に次のファイルを作成する.

  • tmpMyClass.php

tmpMyClass.php

呼び出し方

自作クラスの呼び出し方は大きく2通りの方法がある.

  • 名前空間の利用
  • Laravelのファサードを利用

後者のファサードの利用は, サービスプロバイダへの登録や依存注入の理解が大変そう.
だから, 前者の名前空間を利用して呼び出すことにする.

呼び出す時は new で呼び出す.

手順は次の通り.

  1. ルーティング設定
  2. コントローラ設定
  3. 実行

今回は TestsController を作成して動作確認を行う.

ルーティング設定

次のファイルを編集する.

\routes\web.php
Route::get('tests', 'TestsController@index');

/test にgetアクセスしたら, TestsControllerの index アクションが動作するように設定.

コントローラ設定

次のファイルを編集.

\app\Http\Controllers\TestsController.php

new でインスタンス化.
生成したインスタンスから echoHello() メソッドを呼び出す.

実行

ブラウザで表示確認.

ルーティングで設定したアドレスへアクセス.
今回は http://ホスト名/tests

結果.

自作class 動作確認完了.

今回は以上.

スポンサーリンク
336 x 280 – レクタングル(大)
336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

トップへ戻る