[確定申告]そもそも誰が儲けを計算するのか?分かりやすくまとめます_個人事業主編

こんにちは。
確定申告の期間真っ只中ですが,初めての青色申告で混乱気味のたきもとです。


私は個人事業主になって初めての確定申告を迎えます。
タイトルでは
-2016年版
と書きましたが、対象期間は2015年1月 ~ 12月 の収支です。

如何せん初めてなのでまだ勝手がわかりません。
そんな訳ですので、勉強も兼ねてまとめていきます。

結論:黒字・赤字の計算は個人事業主自身が行う

会社員は会社が給与や税金の計算をしてくれます。
一方個人事業主は自分で計算するしかありません。

もちろん、税理士さんに相談可能です。
しかし、私のような起業間もない事業主は多くのことを自分で行う必要があります。
如何せん資金がないので。


だから、まずは

自分で確定申告を行う必要がある

という事を覚えておきましょう。

確定申告について考える前に

儲かってますか?

事業を行うということは,

-黒字がどの程度なのか
-赤字はどの程度なのか
-もろもろの経費はどの程度なのか

という点が気になります。

・・・しっかり把握していますか?
私は把握しきれていません。

というのは、毎月レシートや領収書は手元に残しているのですが細かい計算をしていないからです。
実は、この

-細かい計算

というのが
-どの程度細かいのか
が分かっていないからなんです。

私の事業の経費

たとえば私が行っている貿易事業について。

商品を輸入する際には事前に次の項目を計算しています。

-商品代
-商品保管量
-商品に対する保険料
-輸送費
-関税・消費税
-利益率

ただ,これらの数字にはいわゆる 経費 が含まれていないんです。
ここでいう経費とは、次のものに掛かる費用です。

-梱包材
-段ボール代
-プリンタ用紙
-電気代
-場所代 (家賃)
-通信費
-etc…


事業を行うために支払ったものは経費になるはず。
でも、いまいち分類が分からない。
そんな状況です。


経費まで考えて私の事業が

-黒字 なのか
-赤字 なのか

を算出しないと、儲かっているかどうかもわかりません。

だから,今回確定申告を利用して事業の収支を
-数字として見える化
しようと考えました。

確定申告の締め切りも迫っていますし、自分の事業を分析する丁度良い機会ですね。

儲かっているのか損をしているのかを知りたい!

確定申告 ≒ 税金を納める

というイメージで概ね合っています。
何故なら、
-納める税金を「確定」し、
-税務署へ「申告」
する作業だから。


ただ,あくまでも私の目標は

-事業の収支を数字で見える化する事

です。

これを行うメリットは
-事業を進める上での分析材料と成り得る
点です。

やっぱり事業を継続して大きくしたいですから。
そのためには
分析->改善->分析->改善・・・
を繰り返す必要があると思うので、まずは分析を行うための材料が欲しいんです。

じゃあ、数字で判断しようじゃないか

この商品は何となく売れている気がするから、また仕入れようかな…

という具合に何となくで事業を行う方もいらっしゃるかもしれません。
現段階では、私はこのタイプです。


でも・・このままじゃいけないと思っています。

-ひと月あたり xx個 売れている (又は売れ残っている)
-来月~3か月間の季節は xx
-この商品の需要は前年に比べて xx [%] 少ない(又は多い)

だから今回は仕入れの量を 少なく(又は 多く) しよう!


みたいな。
少なくともこれくらいはしたいんです。

これを客観的に示す指標が
-数字
だと思っています。

一度数字で表してしまえば,excel等を用いてグラフ化することで直感的にも分かりやすい資料が出来上がりますし。
グラフ化することで,先述したような なんとなく からもっと具体的な手段を講じる事が可能になります。

だから,事業内容を 数字で表す ことが大切だと考えます。


そんな訳で、ひとまずこの段階を目指します。

さぁ、早速数字で判断しようじゃないか。

気になってます。私の税金。そして計算の仕方も。

事業を始めたのはいいけど、税金周りの知識ってないんだよね…
以前会社に勤めていたときは給与明細を見て、

あぁ、いろいろと税金が引かれているなぁ…

くらいの感覚だったけど。
会社は私の給料や税金を計算してくれていたんだなぁ…
と、今更実感しております。


そんなことも知らずに起業したの!? という突っ込みは不要です。
なぜなら、私は実践しながら覚えてゆくタイプなので。
つまり・・・
これから時間をかけて知ってゆきます。


とはいえ、計算の仕方とか税金の種類はよく分からないんですよね。
さて、どうするか…。


私はわからないことを解決するときは次の手段を取ります。

-ネットで調べる
-本で調べる
-専門家に聞く(今回なら税務署)

今の時期、税務署は激混みなので基本はネットで調べることにします。
もちろん、今回のように記事にまとめながら。

アウトプットが大切だと思っているので。

本当にど素人の私がこれから確定申告を行いますよ

先述したように、私は確定申告について全くの無知です。
このくらいノープランに起業した方はなかなかいないと思いますので,皆さまはもっとスムーズに確定申告を終えることができるのではないでしょうか。


私は、
-いつでも、誰でも初めてのことはある
と考えています。

きっと、今回の確定申告が終われば一通りの知識が身についていると思います。
その知識は、会社員を続けていたら絶対に身につかなかった知識です。

*私は理系技術者だったので,前職のままだと絶対未着手の作業です
*もちろん、財務関係の職務に携わる可能性のある方は既知の知識だと思います


本当にど素人レベルの知識から確定申告をスタートします。

-本記事を読んだ人が挫折をしないように
-私が本記事を見返した時にスムーズに確定申告が行えるように
-事業収支を数値化できるように

このあたりを目標に記事を更新してゆきます。
このまとめが誰かのお役に立てば幸いです。

スポンサーリンク
336 x 280 – レクタングル(大)
336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク
336 x 280 – レクタングル(大)
トップへ戻る