エックスサーバにgitをインストール

ブログのバージョン管理がしたい.
エックスサーバで運用している当ブログのバージョン管理を.
ついでにWordPressのローカル開発環境も構築したい.

こんな感じのモチベーションで, エックスサーバにgitを導入する方法をまとめます.

動作環境

  • windows8.1 64bit
  • Rlogin 2.20.4
  • エックスサーバ プラン X10

windows8.1 は私が操作しているPC.
Rloginはエックスサーバやgitに接続するためのクライアントソフト.
エックスサーバは私が利用しているレンタルサーバ.

前提条件

次の項目は設定済みとする.

  • エックスサーバへのssh接続設定

まだエックスサーバでssh接続設定が済んでいない方はこちらを参照.

[Windows]Rloginからエックスサーバーにssh接続する方法
今回はRloginからエックスサーバへssh接続する方法を紹介します。 概要は次の通り。 私がRloginでエックス...

知っておいた方が良い用語

今回の作業で聞き慣れない用語がいくつか出てくる.
これらの用語について簡単に紹介.
概要は次の通り.

  • gettext
  • curl
  • git

gettext

慣れない英語よりも母国語で作業できたら良いよね,という思想で開発されたライブラリ.

curl

gitでHTTPS(SSL)を使用可能にするために必要.
エックスサーバには元々curlが入っているらしいが,curl-devel パッケージが存在しないらしい.

git

バージョン管理をするためのサービス.
本番環境で編集するのが怖い人は導入しましょう.

ここからはエックスサーバへのgit導入手順を紹介する.

gettext導入

まずはgettext導入手順について.

概要は次の通り.

  • gettextについて
  • エックスサーバへssh接続
  • gettextインストール

gettextについて

エックスサーバでgitを使う場合はこのライブラリが必要.
そもそもgit内部でgettextを利用しているっぽい.

Introduction to gettext

On the other hand, most people are less comfortable with English than with their own native language,
and would rather be using their mother tongue for day to day’s work, as far as possible.
Many would simply love seeing their computer screen showing a lot less of English,
and far more of their own language.
  
引用: gettext Introduction to gettext| GNU

要するに, gitとの対話的やり取りを母国語で表示してくれるライブラリってこと.

エックスサーバへssh接続

私はRloginを使ってssh接続している.
Rloginでエックスサーバへssh接続するについては方法はこちらの記事を参照.

[Windows]Rloginからエックスサーバーにssh接続する方法
今回はRloginからエックスサーバへssh接続する方法を紹介します。 概要は次の通り。 私がRloginでエックス...

gettextインストール

gettextインストール手順は次の通り.

  1. インストールディレクトリの確認
  2. gettext 入手
  3. install
  4. パスを通す
  5. 確認

インストールディレクトリの確認

エックスサーバのどのディレクトリに gettext をインストールするかを確認する.

gettext は次のディレクトリにインストールする.

  • /opt

/opt

実行時に書き換えられないアプリケーションソフトウェアパッケージ

引用: Linuxのディレクトリ構造(一覧)を理解する | linuxmaster.jp

↑この言い回しだと少し難しい.
要するに, ディレクトリ構造持ったアプリを展開するならここにインストールしてね, ということ.

エックスサーバは Linux OS なので,ディレクトリ構造もそれに準じている.
エックスサーバのサーバ構成について知りたい方はこちら.

gettext 入手

gettextのバージョンは次の場所で確認可能.

最新版がほしい場合は gettext-latest.tar.gz を選択する.

私は最新版は使わない主義なので, 最新版から一個前のバージョンを選択した.
選択したバージョンは次の通り.

  • gettext-0.19.8.tar.gz

install

次のコマンドでインストールする.

コード解説
コマンド 意味
wget ダウンロード
tar 解凍
cd ディレクトリ移動
configure Makefile生成
make コンパイル処理実行
make install インストール

tarコマンドのオプションについてはこちらを参照.
まとめてくれた方に感謝.

よく使う"tar zcvf"/"tar zxvf"以外、すぐ忘れてしまうので、まとめておく。 勝手なカテゴリ分けしてます。。。 ## はじめに 最近のtarを使う場合、単純な書庫作成/展開に関しては、それぞれオプションをひとつ覚え...

パスを通す

次のコマンドでパスを通す.

コード解説

1, 2行目操作は↓次の表の通り.

コマンド 意味
ls -a 隠しファイル確認
source シェル設定ファイルを読み込む

3行目ではviコマンドで .bashrcファイル を次のように編集している.
この編集によって, gettextのコマンドラインツールが使用可能になる.

4行目では編集内容を有効化するための作業を行っている.
通常, .bashrcファイル編集後はログアウト&ログインが必要.
今回はそれが面倒なので source コマンドを実行した.

  

確認

次のコマンドで gettextのバージョンが表示されればgettextの導入は完了.

  • $ gettext --version

  

curl 導入

次にcurlを導入する.

gitでhttpsを利用するためにcurlが必要.
エックスサーバには元々curlが入っているらしいが,curl-devel パッケージが存在しないらしい.

curl導入手順は次の通り.

  1. curl ダウンロード
  2. install
  3. 確認

curl ダウンロード

次のサイトから適当にミラーを選択.

次のコマンドで curlファイルをダウンロード.

  • $ wget http://www.execve.net/curl/curl-7.50.3.tar.gz

install

gettextのときと同様の手順でinstall.

  
先程と同じような作業なので, ここではコード解説は省略する.

  

確認

次のコマンドでcurlのバージョンが表示されればok.

  • $ curl -V

git 導入

最後にgitインストール方法を紹介.
概要は次の通り.

  • install
  • 確認

install

これまでと同様の作業.
次のコマンドを実行し, gitをインストールする.

コード解説

気になったオプションを紹介する.

コマンド 意味
--with-curl http転送を使うためのオプション
--with-expat pushでhttp転送使うためのオプション

これらついて詳しく知りたい場合は, 次のコマンドを実行してヘルプを参照すれば良い.

  • $ ./configure --help

確認

次のコマンドを実行し, gitがインストールされていることを確認する.

  • git --version

まとめ

エックスサーバーは sudo コマンドが使えない.
だから,yumも使えないので今回の方法になったわけだけど..
先人の皆様お陰で助かりました.

今回使ったサーバはこちら.
エックスサーバー

今回は以上です.

参考サイト

お世話になりました.
ありがとうございました.

スポンサーリンク
336 x 280 – レクタングル(大)
336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメント

  1. […] エックスサーバにgitをインストール | たきもと.comエックスサーバはsudoやyumが使えないので wgetを使ってゴリゴリインスールします。kengotakimoto.com […]

  2. […] エックスサーバにgitをインストール […]

トップへ戻る