エックスサーバにgitをインストール

xserver git eyechatch

エックスサーバで運用している当ブログのバージョン管理がしたい。
ローカル開発環境を構築したい。

こんな感じのモチベーションで、エックスサーバにgitを導入する方法をまとめます。

今回の概要

今回の概要です。

  • 動作環境
  • gettext導入
  • crul 導入
  • git 導入
  • まとめ

詳細な解説に入る前に gettext, crul, git についてざっくり解説。

– gettext
慣れない英語よりも母国語で作業できたら良いよね、という思想で開発されたライブラリ。

– curl
gitでHTTPS(SSL)を使用可能にするために必要。
エックスサーバには元々curlが入っているらしいが、curl-devel パッケージが存在しないらしい。

– git
バージョン管理をしたいので。
本番環境で編集するのが怖い人は導入しましょう。
  
本番環境での作業は怖い、という話は前回の記事で紹介しました。
その時の記事はこちら。

[Windows]Rloginからエックスサーバーにssh接続する方法
今回はRloginからエックスサーバへssh接続する方法を紹介します。 概要は次の通り。 私がRloginでエックス...
  

動作環境

前提条件

前提として, エックスサーバでのssh接続設定は終わっているものとします。
エックスサーバでssh接続許可設定をする手順は前回の記事を参考にして下さい。
前回の記事はこちら。

[Windows]Rloginからエックスサーバーにssh接続する方法
今回はRloginからエックスサーバへssh接続する方法を紹介します。 概要は次の通り。 私がRloginでエックス...

  

動作環境

動作環境は次の通り。

  • windows8.1 64bit
  • Rlogin 2.20.4
  • エックスサーバ プラン X10

  
windows8.1 は私が操作しているPC.
Rloginはエックスサーバやgitに接続するクライアントソフト。
エックスサーバは私が利用しているレンタルサーバ。
プランは何でもOKだと思います。私は X10 を使っています。
  

gettext導入

エックスサーバでgitを使う場合はこのライブラリが必要らしい。

Introduction to gettext

On the other hand, most people are less comfortable with English than with their own native language,
and would rather be using their mother tongue for day to day’s work, as far as possible.
Many would simply love seeing their computer screen showing a lot less of English,
and far more of their own language.
  
引用: gettext Introduction to gettext| GNU

つまり、gitとの対話的やり取りを母国語で表示してくれるライブラリってこと?
と、思いながら次の手順へ。
git内部でgettextが使われているらしい。
  

エックスサーバへssh接続

私はRloginを使って接続しました。
Rloginでエックスサーバへssh接続する方法はこちらの記事参照。

[Windows]Rloginからエックスサーバーにssh接続する方法
今回はRloginからエックスサーバへssh接続する方法を紹介します。 概要は次の通り。 私がRloginでエックス...
  

gettextインストール

gettext を opt ディレクトリにインストールします。

/opt

実行時に書き換えられないアプリケーションソフトウェアパッケージ
  
引用: Linuxのディレクトリ構造(一覧)を理解する | linuxmaster.jp

エックスサーバは Linux OS なので、ディレクトリ構造もそれに準じています。
エックスサーバのサーバ構成について知りたい方はこちら。
仕様一覧 | XSERVER
  

gettext最新版から一個前のバージョンを入手

gettextのバージョンは次の場所で確認可能です。
gettext | ftp.gnu.org

最新版としては gettext-latest.tar.gz というのが見つかります。
私はこれを選択しませんでした。
最新版だと何か怖いので。
そんな訳で次のものを選択。

gettext-0.19.8.tar.gz
  

install

wget: ダウンロード
tar: 解凍
cd: ディレクトリ移動
configure: Makefile生成
make: コンパイル処理実行
make install: インストール

tar オプションについてはこの方がまとめてくれています。
感謝。

よく使う"tar zcvf"/"tar zxvf"以外、すぐ忘れてしまうので、まとめておく。 勝手なカテゴリ分けしてます。。。 ## はじめに 最近のtarを使う場合、単純な書庫作成/展開に関しては、それぞれオプションをひとつ覚え...
  

パスを通す

ls -a: 隠しファイル確認
source: シェル設定ファイルを読み込む

vi コマンドで .bashrc 内に以下を記述.
gettextのコマンドラインツールを使用可能にするため.
  

通常、.bashrc編集後はログアウト&ログインが必要。
それが面倒なので source コマンドを実行。

  

確認

次の画面になったらok.
gettext xsever

  

crul 導入

gitでhttpsを利用するために。
エックスサーバには元々curlが入っているらしいが、curl-devel パッケージが存在しないらしい。

ミラーサイト選択 DL

次のサイトから適当にミラーを選択。
The Most Recent Archives Off the Mirrors | curl.haxx.se

install

先程と同様の手順でinstall.

  

確認

次の画面になればok.
curl xserver

  

git 導入

git install

–with-curl: http転送を使うためのオプション
–with-expat: pushでhttp転送使うためのオプション

この2つのオプションについてはヘルプで確認可能。

  

確認

次の画面が出ればok.
git xserver

  

まとめ

エックスサーバーは sudo コマンドが使えない。
だから、yumも使えないので今回の方法になったわけだけど。。
先人の皆様お陰で助かりました。

あとはGitLabと連携できるかトライしてみます。

今回使ったサーバはこちら。
エックスサーバー

今回は以上です。
  

参考サイト

お世話になりました。
ありがとうございました。

スポンサーリンク
336 x 280 – レクタングル(大)
336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

トップへ戻る