[windows]GitLabへSourceTreeからpushする方法

こんにちは。たきもとです。

今回は次の点を紹介します。

  • GitLab でプロジェクト作成
  • SourceTree にsshキー登録
  • ローカルファイルをGitLabへpush

  
GitHubやGitLabへローカルファイルをpushするまでに超えなければならないステップは多いです。
だから、それらは他の記事で紹介しました。
その記事はこちら。

  
今回はGitLab, SourceTree, windowsローカルディレクトリ の3箇所で作業が必要です。
作業場所があちこち飛んで多少複雑ですが、なるべく整理して紹介します。

動作環境

動作環境は次の通り。

  • Windoews8.1 64bit
  • SourceTree 1.8.3
  • GitLab

  

作業概要

まず、今回の作業概要を場所ごとに紹介します。

  • GitLab
  • SourceTree
  • windowsローカルディレクトリ

GitLab

GitLabではプロジェクト作成と、pushされたファイルの確認が主な作業になります。
この作業を行うにあたって、予めsshキーの登録が必要です。
まだsshキーを登録していない人は、次の記事を参考に登録しましょう。

GitLabにssh公開鍵を登録する方法
  

SourceTree

SourceTreeでは次の作業を行います。

  • OpehSSH キー 登録
  • リモートリポジトリ設定
  • commit & push

SourceTreeとGitLabの連携方法はいくつかありますが、私はsshを利用してpushする手段を選択しました。
予めssh公開鍵/秘密鍵の登録が必要なので、まだ作成していない人は次の記事を参考にsshキーを作成しましょう。

windowsでssh公開鍵 秘密鍵 を作成する方法
  

windowsローカルディレクトリ

windowsローカルでは、pushしたいファイルの用意が基本作業になります。
予めGitLabへpushしたいファイルやフォルダを用意しておきましょう。
  
以下、GitLab, SourceTree, Windowsローカルの順で手順を紹介します。
  

手順

まず GitLabでプロジェクト作成を行います。

1. GitLabへアクセスし、sign in.

GitLab sign in
  

2. New Project をクリック

GitLab Create New Project
画面右上 New Project をクリック
  

3. Project name / Project description / Create project

GitLab edit new project

– Project name
GitLab上に保存するディレクトリ名のようなものです。
基本的には、ローカルにあるフォルダ名と同じ名前にします。
今回は tst という名前を付けました。

– Project description (optional)
どんなProjectなの?
何用のファイルが入ってるの?
という説明を入れる箇所。
今回は解説用なので次のように入力。
tst for first push

– Visibility Level
リポジトリへのアクセスレベルを設定します。
今回は完全プライベートな状況を想定して Private を選択。
ここは必要に応じて変更しましょう。
  
ここまで入力できたら Create project をクリック。
  
遷移後の画面は次の通り。

urlが表示されます。
このurlは後程SourceTreeで使用するので覚えておきましょう。

今回はssh接続を想定しているので矢印箇所を ssh に設定。
  
GitLabでの作業は一旦ここまでになります。
次はwindowsローカルでの作業に移ります。
  

4. デスクトップに tst フォルダ作成

windows create local directory

デスクトップにtstフォルダを作成しましょう。
このフォルダがGitLabと接続するフォルダになります。
  

5. SourceTree 起動. ツール/SSH キー を追加

SourceTree register ssh key

これからSourceTreeへOpenSSHキーの登録を行います。
sshキーをまだ作成していない方はこちらを参照。
windowsでssh公開鍵 秘密鍵 を作成する方法
  
まずSourceTreeを起動。

次に、
ツール
SSH キーを追加 をクリック。
  
事前に作成したSSH 秘密鍵 を選択します。
私の環境だと次の場所にあるファイルを選択します。

– ssh 秘密鍵 の場所
C:\Users\ユーザ名\.ssh

注意点は、
– ssh 公開鍵 ではない
こと。
公開鍵のファイル名は xxx.pub となっています。
選択するのはこちらではありません。
注意しましょう。
  
ファイル選択後、コマンドプロンプトが起動します。
  

6. コマンドプロンプトにパスフレーズ入力

command prompt path phrese

起動したコマンドプロンプトにパスフレーズを入力します。
パスフレーズはssh公開鍵/秘密鍵を作成した際に設定したものです。

ssh公開鍵/秘密鍵の作成 及び パスフレーズについてはこちらの記事参照。
windowsでssh公開鍵 秘密鍵 を作成する方法
  

7. GitLabで作成したプロジェクトをクローン

SourceTree clone

先程GitLabで作成したプロジェクトをローカルにクローンします。

SourceTree
新規/クローンを作成する

– 元のパス/URL
GitLabで作成したぷろじぇくとURLをコピペします。
コピペするURLは次の図の箇所。
GitLab copy and past url

  
– 保存先のパス
今回は、先程デスクトップに作成した tst フォルダを指定します。
実用的には、既に自分のPC内でソースコードを管理しているディレクトリを指定します。
  
設定終了後、クローンをクリックします。
  
以上の作業でGitLab使用環境は整いました。

以降の作業では、実際にローカルで編集したファイルをGitLabへpushしてみましょう。
  

GitLabへ commit & push してみる

1. ローカルファイルを編集

windows edit local file

先程作成した tst フォルダ内に次のファイルを作成してみます。

今回は次のようなファイルを作成しました。

– firstFile.txt
This is first file for GitLab.
  
次に、SourceTreeで作業を行います。
  

2. SourceTreeで 作業中ファイルをステージに上げる

SourceTree staging

SourcTreeに戻ると上図のような表示になっています。
  
下図の手順でファイルをステージに上げます。

1. 作業ツリーのファイル をチェック
2. Indexにステージしたファイル にファイルが移動したことを確認
  
SourceTree set staging
  
ステージする というのは、GitLabへpushする準備を整える、というイメージです。
Gitを扱う上でいくつか専門用語が出てきますが、これは使いながら覚えていきましょう。
  
ウィンドウ右下には、編集したファイルの内容が表示されます。
  

3. リモートリポジトリ を設定

SourceTree set remote repogitory

ここで、GitLabのどのリポジトリへpushするのかを設定します。

設定
追加 をクリック。

– URL/パス
GitLabで、先程コピペしたものと同じものを再度コピペする

コピペ後、OK をクリック。
  

4. commit&push

SourceTree commit and push

GitLabへ commit&push する。

  1. 画面上方 コミット をクリック
  2. コメントを入力
  3. 変更を直ぐに – プッシュする にチェック
  4. コミット をクリック

コミット時にコメントを入力することができる。
今回は first commit と入力。
  

5. GitLab でちゃんとコミットされていることを確認。完了。

GitLab check be pushed

GitLabへちゃんとpushされていることを確認する。
  

6. GitLab で Project/Commit をクリック

GitLab check comment

GitLabの画面へ移動し、
Project
Commit をクリック。

この時、 Commit(1) と表示されていればpushは成功している。
念のため、 Commit(1) をクリックして詳細を確認する。

Commit(1) をクリックすると次の画面へ遷移する。

GitLab check pushed files

コミット時に入力したコメントが表示されているのが分かる。
さらに、コレをクリックするとpushしたファイルの中身を見ることが出来る。

作業は以上です。
  

まとめ

GitLab作業環境構築、大変でしたか?
慣れない内は何でも手間だと感じますよね。
私も例外ではありません。
  
今回の作業を一度経験しておけば、自分の作業ファイルのバージョン管理はバッチリです。
個人利用はこれでOKですが、複数人での利用はGitLab上でまた異なる操作が必要になります。
それはまたの機会に紹介します。
  
今回は以上です。

スポンサーリンク
336 x 280 – レクタングル(大)
336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク
336 x 280 – レクタングル(大)
トップへ戻る