windowsでssh公開鍵 秘密鍵 を作成する方法

windows ssh 公開鍵 秘密鍵  作成 方法

こんにちは。たきもとです。

先日に引き続き、Gitの話題です。
GitLab使用環境構築が終わるまではGit関連の記事が続きます。
前回の記事はこちら。

windowsにGitをインストールする方法 | たきもとけんご.com
  
今回は Git を使ったssh 公開鍵/秘密鍵 作成方法について。

背景

ここでは次の点について紹介します。

  • 動作環境
  • ssh公開鍵/秘密鍵の作成方法はいくつかあります

動作環境

  • Windoews8.1 64bit
  • git for windows 2.9.2

  

ssh公開鍵/秘密鍵の作成方法はいくつかあります

ここではssh公開鍵/秘密鍵の作成方法がいくつかある、という事を紹介します。

これが全てではありませんが、いくつか列挙します。

  • Git付属 ssh-keygen.exe の利用
  • PuTTY puttygen.exe の利用
  • TeraTerm SSH鍵生成メニュー の利用
  • Rlogin の利用
  • Windows PowerShell の利用

windowsでもssh環境に恵まれてきた様です。
参考記事はこちら。
Looking Forward: Microsoft Support for Secure Shell (SSH) | Windows PowerShell Blog
  
いくつか方法を検討した結果、上記1番目の方法が最もssh公開鍵/秘密鍵作成までのステップが少ないと判断しました。
だから私はこの方法で作成します。

ssh-keygen.exe と言っても、作業は全てGUIで完結するので楽ちんです。
  

手順

早速 ssh公開鍵/秘密鍵 作成手順について紹介します。

1. Git GUI を起動

windows git ssh GIT GUI

windows8.1 なので操作感が独特です。

Win + C で画面右側にメニューを表示。
“検索” を選択
“Git GUI” と入力
Git GUI を選択
  

2. Help -> Show SSH Key

windows git ssh help ssh key

ツールバー
Help
Show SSH Key
  

3. Generate Key

windows git ssh generate key

Generate Key をクリック
  

4. パスフレーズ 入力/未入力 を選択

* 画像撮り損ねました
  
git push の際に要求されるパスワードのこと。
git push をする度に毎回パスフレーズを入力するのが手間だと感じる方は、未入力で OK ボタンを押しましょう。

私はパスフレーズなしでssh鍵を作るのはセキュリティ的に危険だと考えます。
だから、任意の文字列を入力して OK をクリックしました。

パスフレーズの入力は 2回 要求されます。
1回目と2回目で同じ文字列を入力しましょう。
  

5. 完了

windows git ssh finish

①は公開鍵/秘密鍵 の格納場所 を
②は公開鍵の中身 を
それぞれ表しています。

私の環境だと次の場所が鍵置き場になります。
C:\Users\(ユーザ名)\.ssh

このディレクトリには次の名前で鍵が格納されています。

  • id_rsa: 秘密鍵
  • id_rsa.pub: 公開鍵

秘密鍵は絶対に公開しないようにしましょう。
  

まとめ

GUIでssh鍵が作成できるのは楽ですね。

個人的にはRloginを常用しているので、それで作成しても良かったのですが。
今回はGitを利用して作成しました。

作業自体は簡単なので、sshを利用した接続をする予定がある方は是非。
  
今回は以上です。

スポンサーリンク
336 x 280 – レクタングル(大)
336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメント

トップへ戻る