[感想] 絶対成功 「好きなこと」で起業できる

起業 好きなこと

巷では 好きなこと 得意なこと を仕事にしよう!
という流れが強くなってきています。

youtuber とか ブロガー とか。
もちろん、私もこのブログで好きなことを仕事にするための情報発信をしています。


私は完全に

  • 勢い と
  • 我流

で起業しましたが、そもそもノウハウってあるのかな?
という点を探りたくて本書を購入しました。

こんな人におすすめ

次のような方におすすめの一冊です。

  • 起業したいけど、あと一歩を踏み出せない人
  • なんとなく起業に興味があるけど、具体的に何をしたら良いのか分からない人
  • もう起業したけど、ビジネスを加速させるヒントが欲しい人



ちなみに、本書は

何の努力もしないで起業して楽に稼げるようなノウハウは書いていない

です。
あと、絶対に成功するかどうか は本人次第です。

これを期待している人、気をつけて。

あらすじ

「会社員としての仕事を続けていくのが何だか不安…」
「会社に左右されずに自分の思うように仕事がしたい」
こんな悩みを抱えていたら、あなたは新しい人生を歩むことができます。
起業を成功させたいのなら、情熱を傾けられる「好きなこと」を仕事にすることが重要です。
起業準備に必要なこと、専門分野を強化する方法、ビジネスプランの立て方など、丁寧にお教えします!


「BOOK」データベースより



各章の間に本書著者クライアントの起業実例が載っています。
私は起業して半年経ちますが、彼らの起業例は参考になります。

この本を選んだ理由

次のことを解決したかったのでこの本を手に取りました。

  • フリーランスの自分を世間にどう見せるか
  • 自分は世間にどう見られたいのか

結論から言うと、これらの疑問は解決されました。
本書を読んだおかげで・・とは言えません。
本書を読んで、自分の頭で考えたから解決した、というのがホントのところです。


実は、この本に初めて出会ったのは近所の書店です。
タイトルに惹かれて手に取りました。
先述した
-フリーランスの自分を世間にどのように見せるか
-どう見られたいか
のヒントになると思って。


軽く立ち読みをしたことがある本なので購入を長い間ためらってしまいました。
でも、もっとスピード感をもって目の前の課題を解決したかったので購入に至りました。

感想

情熱だけじゃダメ。やっぱり技術も必要。

巷では根拠不明のノウハウや、怪しい情報商材屋さんが多いです。
特に、ネット界隈では。
でも、ノウハウよりも先に心に熱いものがあるから起業したいんですよね?

  • やりたい
  • 試したい

だけじゃダメ。

それを実現できる 技術 が必要。
自分だけの 武器 と言っても良いでしょう。

じゃあ、その武器・技術をひたすら磨くために必要なものは?

興味・楽しさ・ワクワク感

でしょ。


私もひたすら次のスキルを磨いています。

  • プログラミング
  • デザイン
  • マーケティング

終わりなく。果てしなく。狂ったように。
現在進行形で磨いています。

独立直後は独学でどう転ぶかわからない状態でした。
今でも独学ですが・・。

好きだから プログラミング を。
やりたいから デザイン を。
負けたくないから マーケティング を。

こんなんでも、なんとか形になってます。


興味のないことは続きません。
好きなこと・得意なこと・興味のあることだからこそ長く続くんです。

今の仕事がつまらないから辞めたくなるんです。
興味が無いから投げ出したくなるんです。
面白みを潰すような環境だから嫌になるんです。


情熱を燃やしましょう。
スキルを磨きましょう。
ビジネスの世界で走りましょう。

小さく・沢山失敗することが重要

これは本書に書いてありません。
本書で紹介されている起業家の実例を読んで、私が
-あぁ、やっぱり大切だな
と感じたことです。


私は起業する前にかなり長い時間悩みました。
開業届を提出したのは29歳の時ですが、起業して初めて分かること・見えてくることは沢山あります。


起業する前も、起業した後も 商品・自分の環境 が完璧になることはありません。
そんなのを待っていたらあっという間に時間が過ぎてしまいます。
だから、もっと多くの顧客の反応を得るために、もっと多くの学びを得るために

  • 6割完成したら走る
  • 転んだら直ぐに立ち上がって、また走る準備をする

これが大切です。


いかに小さく失敗できるか、
いかに転んで、
いかに立ち上がるか。

これは今でも私の課題です。
走りながら考えています。


顧客心理やビジネスの組み立て方、専門用語。
起業前や起業直後はイマイチ分かりませんよね。

次に紹介する本は、私が起業を志したとき、何をすれば良いかわからない状態で手にとった本です。
他のビジネス書で繰り返し書かれていることがわかりやすくコンパクトにまとめてあります。
マンガなのに非常に勉強になる一冊です。

起業したい!
でも、
ビジネスの基本が全くわからない!
という方にオススメの一冊です。

今回は以上です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

トップへ戻る