一週間の計画の立て方: 私は月曜日が一番時間がかかる

計画 立て方

こんにちは。たきもとです。

先日はデータベースの勉強に着手した、という記事を書きました。
その記事はこちら。

DBはじめました。 | たきもとけんご.com


今回は私が実践する1週間の計画立て方を紹介します。
もっと長期的な視点で計画を立てる方法について書いた記事はこちら。

たきもと流 仕事の予定の立て方 | たきもとけんご.com
まだまだ改善の余地がありますが、ご参考までに。

なぜ 一週間の予定を立てるのか

まず、なぜ予定を立てる必要があるのかについて。

結論から言いますと、
-「次に何をしようかな?」と考える時間を省くため
です。


何か大きな目標を立てた時、一気に達成できればいいのですが大抵の場合それはできないでしょう。
だから、目標を小さく分割して、その一つ一つに取り組んでゆくんです。

私はwindowsの メモ帳 を愛用しています

私はwindowsの メモ帳 に毎日スケジュールを書いています。
(毎日使うのでバッチでテンプレートを作成して、起動時に自動実行しています)

メモ帳 スケジュール

事業の予定も書いてあるので一部モザイクを掛けました。


使い方としては

  • -[]: というチェックボックを書く
  • 完了したら ■ を記入

これだけです。


メモ帳の魅力はなんと言っても
-動作が軽い
ことです。

Goodle カレンダー や Wunderlist などのWEBベースのアイテムは高機能ですが、起動に時間が掛かるのが玉に瑕です。
だから、短時間で素早くローカル環境で作業を行えるメモ帳が一番かな、と。
メモ帳は広告の裏紙のように 気軽 に扱えるので。

月曜日が一番大変

私は
-月曜日: 1週間分の予定を立てる
-金曜日: 1週間の振り返り
を行っています。


一週間の予定、と言ってもざっくりゆるく立てるのですが。

私にとって一週間の目標とは
-一か月の予定を4分割したもの
です。
だから、毎週月曜日はその月に達成したい目標にどれだけ近づいているのかをチェックしています。

小さい目標: 一週間の目標
大きな目標: 一ヶ月の目標

という認識です。


このように、毎週月曜日は大きな目標と小さな目標を比べる日なので、他の曜日に比べてスケジュールを立てるために費やす時間はどうしても多くなってしまいます。
以上の理由から、月曜日は少し大変です。

基本的には 逆算思考

いつかどこかでこんな言葉を目にしました。

「すべての仕事は締め切り前に終わる」

まるで前職に居た時のような気持ちになる言葉です。


これ、あながち間違いじゃないですよ。
締め切りを設定しないといつまで経っても目の前の作業は終わりません。

まずは締め切りを設ける。
決まっていないのなら、無理やり決める。

そして、それまでに何をすべきか考えて実行する。

コツはたったこれだけです。


締め切りを定めましょう。
行動しましょう。

計画を立てるときのポイント

できそうな事から着手する

いつまで経っても進捗がない原因の一つに
-重い作業から着手するから
というのがあります。

あ、これは私のことなのですが。


重い作業は時間がかかります。

-言葉の意味を調べて
-使い方を調べて
-実際に使ってみて
-環境が異なるから、というerr.を確認して
-またトライして

こんなの日常茶飯事です。
時間のかかる作業を優先するから、簡単に終わる作業まで手が回らないんです。


スケジュールの進捗が悪いとげんなりしますよ。
落ち込みます。
もうイヤだって。


だから、見た目だけでもいいから進捗があるようにしましょう。
まずは軽い作業から。
簡単な作業から。

これ、鉄則です。

予定はゆるめに

自分を甘やかして下さい。
キツキツの予定なんて立てても実行できないんですから。

まずは甘めに。ゆるめに。

どうせやる事なんて山のようにあるんです。
慣れてきたら一日のタスクを増やしていきましょう。

一日分の予定がこなせなかったら、それは量が多いってこと

一日の終りに、今日の出来事を振り返ってみましょう。

やり残したことはありませんか?
気を抜いて昼寝をしていませんか?

やり残しがある原因は様々だと思います。
でも、そもそも量が多すぎて
-作業をする気にならない
のでは?

私はこのタイプです。
だからこそ、一日あたりのタスクが数日間連続で完了しない場合は思い切って作業量を削ります。


作業量を減らす、ということは
-本当に必要な作業を見抜く
ことと同義です。

タスクは増やすものじゃありません。
減らすものです。

だから、どんどん作業を削っていきましょう。

一日分の予定があっさり終わったら、それは作業効率がアップした証拠

その作業の難しさにも依るのですが。
多くの場合、計画を立てる場合はスケジュールがキツキツになってしまします。
その結果、大した進捗もなく時間だけが過ぎてゆくことに。


でも、一日の計画があっさり終わるとなると話は別です。
この状態になったら、きっとあなたの作業効率は今までにないくらい劇的に向上しているはずです。

-PCのミスタイプが激減した
-不慣れなツールの使い方をマスターした
-気分が良くなる作業用BGMを見つけた
-早寝早起きができるようになった

どれも小さいことかもしれませんが、あなたの作業効率が上がった原因も必ずあるはずです。
それを意識して、どんどん他の作業に応用しましょう。


ちなみに、私の作業効率をアップさせるモノ・コトは
-カフェで作業すること
です。

カフェでの作業についてはこちらの記事で紹介しています。


まとめ

まず達成したいことを考えるところがスタート

長い目で見て
-これができたら良いなぁ
-この目標を達成したいなぁ
なんて誰にれもあると思います。

この目標がないまま走り始めるのは、
-距離がわからない
-制限時間もわからない
マラソンに参加するようなものです。

これ、辛いですよね。


まずは小さくてもいいからゴールを設定する。
そして、それに向かって走る。

これを淡々と続けることで、振り返ってみると結構多くの事ができるようになっていることに気付きます。

毎日の作業は地味かもしれませんが、自分が立てた目標ですので。
淡々とこなしていきましょう。



この本は私が頭の中を整理したい!と思った時に出会った本です。
A4の紙に考えを書き出して、目の前の課題の本質を見抜く手法が分かりやすく描かれています。

-結論を出すのに時間がかかる方
-頭で考えてばかりで行動に移せない方
におすすめです。


今回は以上です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

トップへ戻る