打合せはカフェで。

こんにちは。
最近はネットだけでなく脚を使って情報を集めているたきもとです。
本日は私の打合せの仕方についてです。

背景: 自宅だと不都合が多い

オフィスを構える法人とは違って,

-自宅兼オフィス

としている事業主も多いはず。
私はこのタイプです。

狭い

まず,部屋が狭いんですよね。
特に、私のような独身一人暮らしだと。

私は最近引っ越したのですが、

-キッチン
-部屋(6畳)
-ロフト(3~4畳?)

という造りの物件に住んでいます。

6畳の中にソファや冷蔵庫,机etc…
があるから,お客さんを通してビジネスをする、って雰囲気じゃないんですよね。

生活感丸出しですし。

賃貸契約時に事務所として契約していない

ポイントは

-ヒトの出入りが多いかどうか

です。


これは不動産屋で物件を探した時に聞いた話です。

個人事業主が
-自宅 兼 事務所
の様に物件を利用するとしても業態が様々で、たとえば私は

-一日中PCに向かっている
-時々宅急便が家に届く
-人の出入りは自分だけ
-時々友人が遊びに来る

という具合に,大学生や若手社会人と大して変わらない使い方をしています。

そんな訳ですので,契約時に大げさに

-事務所として利用します!

と宣言しないことにしました。
というか、する必要がないらしいです。


逆に,従業員を雇ったり,委託・外注という形で居住スペースに他者が頻繁に出入りする場合は
-事務所利用可
の物件を探す必要があります.


私は現段階では全部自分で作業を行うのでこの心配はしていません.
もっとビジネスが大きくなったら考えます.

じゃあ、近所のカフェはどう?

カフェは打ち合わせしているヒトが多い

平日のカフェって打ち合わせしているサラリーマン、多いですよね。

普段朝から夜まで会社に缶詰だった私はこの事実を知りませんでした…

私は休日しか利用したことがなかったので、
『混んでいるから早く出なきゃ!』
みたいなプレッシャーを感じる場所でしかありませんでしたが。

ビジネスの話,PCを使った作業,ご婦人の憩いの場、etc..
色んな顔を持っているんですね、カフェって。

コーヒー一杯の値段で場所が借りれる

じゃあ、個人事業主にとってカフェ利用はどんな良いことがあるのか?
についてです。

結論から言うと、

-格安で商談の場を設けることが可能

という点です。

どこかの会議室やワーキングスペースはカフェよりも高いですから。
ちょっとした打合せならカフェで十分です。

手帳/名刺/タブレット/キーボード を持参しています

本当はmaxみたいな薄くて軽いPCを持っていくのがベストなのですが。

私は年季の入ったやや厚いdynabookしか持っていないので。
CPUクロック数を上げたから発熱も酷いし。
ファンは唸りを上げているし。
HDDはカタカタ言ってるし。
プログラム走らせている間の音だけ聞くと故障を彷彿させるし。
電池が死んでいるので,コンセントの瞬断(が原因だと思われる)で度々落ちるし…

こう考えると、やっぱりもう買い換えた方がいいな…


それはそうと、私は
-手帳/名刺/タブレット/キーボード
を持参しています.

キーボードはbluetoothでタブレットとペアリングしてメモ/mailをするために。

私の場合は PL保険 の契約で利用

実際は,他企業様の元へお伺いする時にカフェを指定されることもあるのですが。
今回は自分主体の場合にどうか、という件について書きます。

利用したのは 珈琲館 / VELOCE

私が商談で利用するカフェの条件は

-近所
-混んでいない(席の確保が容易)
-珈琲が美味しい
-安い

です.

珈琲館は
-カフェインレス
を置いているので。
あと、高校時代にバイトしていたから親近感もあって。


VELOCEはただただ安いので。
時々混んでいますが…

PL保険というのは,商品に対しての保険だよ

実際に私は保険の営業マンとの商談で利用しています。


そもそもPL保険が何故必要か?ですが。

私は海外から商品を輸入して国内に流通させる業態をとっています.
法律的には

-輸入者が国内における製造者

だと位置付けられるので。

たとえば,
-私が輸入した電気製品が他社の商品に損害を与えたり
-お客さんの元で爆発しちゃったり

みたいな事が起きたら私も責任の一端を負う形になります.


そこで登場するのがPL保険です。
ざっくり説明すると、いざという時に○○万円まで保証されるという仕組みなので,この件について話すことが多いですかね。

2016年は輸出も行う予定なので、別途保険加入が必要らしいのですが…
それはまた別の記事で紹介します。

まとめ

カフェの打合せは重宝します。特に,私のような始めて間もない個人事業主にとっては

-リーズナブルに場を設ける手段です。

という結論です。
資金に余裕がない事業主様にはオススメデス。
勿論、私も含めて。


本日は以上です。

スポンサーリンク
336 x 280 – レクタングル(大)
336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

トップへ戻る